長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ

国内男子

デビュー戦で魅せた大器の片鱗 丸山茂樹の息子・奬王はナイスカムバックにドラディス3位

ツアーデビュー戦の丸山奬王 大器の片鱗を見せつけた 長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ (2018)(初日) 写真・村上航
ツアーデビュー戦の丸山奬王 大器の片鱗を見せつけた 長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ (2018)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 上井 邦裕 -6 -6
1T 平本 穏 -6 -6
1T Y・E・ヤン -6 -6
4T A・クウェイル -5 -5
4T 小田 孔明 -5 -5
4T 梅山 知宏 -5 -5
4T 富村 真治 -5 -5
4T 黄 重坤 -5 -5
4T キム・ヒョンソン -5 -5
10T D・ブランスドン -4 -4
<長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップゴルフトーナメント 2日目◇6日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,178ヤード・パー72)>

やはりただ者では無かった。「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」でプロトーナメントデビュー戦を迎えた丸山茂樹の息子・奬王は、前半9ホールはノーバーディ・1ボギー・1ダブルボギーと苦しむも、後半4バーディの猛チャージ。1アンダー・42位タイとアンダーに潜って初日を終えた。

記念すべき1打目となる10番のティショットをいきなり左に曲げてボギーでスタート。「やはりアマの試合とは緊張感が違う。前半は思うようなスイングができなかったですね」とその後も苦しみ、16番(パー3)では「見たことない球が出た」と池ポチャでダボを叩く。さらに18番(パー5)ではスタイミーな状況からの2打目を上手くフェアウェイに戻したが、「打ったことないようなハーフシャンク。あれは焦りました」と左のピンに対して大きく右に曲げてしまう。さらにバーディパットは4mオーバーし、奥のカラーへ。

だが、ここから並のアマチュアではないことを証明する。この返しのパーパットを沈めて気持ちを落ち着かせると、折り返しての3番(パー5)で残り270ヤードの2打目をグリーンに乗せて2パットのバーディを奪取する。さらに1つ伸ばして迎えた8番では13mを沈めて、同伴競技者の深堀圭一郎とハイタッチ。次の9番では残り115ヤードから1mにつけてバーディ締めと「後半は100点に近い」と納得のホールアウトとなった。

「緊張から体が動いていなかった」という中でも、頭は冷静さを失わなかった。3オーバーでハーフターンを迎えても、「焦ってもスコアが良くなるわけじゃない。バーディを1つずつ獲っていこうと。まだ9ホールある、と思っていました」。初めてのプロの試合でこの落ち着き。大器の片鱗を伺わせる。

また数値でもポテンシャルは現れている。この日のドライビングディスタンスは150人(プロアマ含む)中、W・J・リー(オーストラリア)、池村寛世に次ぐ3番目の数値(平均297.50ヤード)。池田勇太(289.50ヤード・6位タイ)、小平智(286.50ヤード・14位タイ)ら実力者を抑えて堂々トップ3に入った。

「もちろん100点のゴルフができればいいですが、80点くらいできればまずまずのスコアになると思う。明日予選を通ればまた18ホールできる。ベストを尽くしたいですね。(父がテレビ解説なので)テレビに映るようないいスコアで回れたら」。とても18歳とは思えない、落ち着き払った振る舞いで意気込みを語った。(文・秋田義和)


記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・4年前のリベンジへ 小田孔明が因縁の地で誓う打倒・石川遼
・石川遼は4打差発進 半袖になった途端の3連続バーディに「もっと早く脱げば(笑)
・丸山茂樹は愛息のデビュー戦に「1つ勉強になったと思う」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ