日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills

国内男子

「本当にまだまだ」 石川遼はトータル3オーバー、2週連続予選落ちが濃厚に

ホールアウト後に厳しい表情を見せる石川遼 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills(2018)(2日目) 写真・村上航
ホールアウト後に厳しい表情を見せる石川遼 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills(2018)(2日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 近藤 智弘 -6 -9
2T キム・ヒョンソン -3 -8
2T 時松 隆光 -4 -8
4T ジュビック・パグンサン -4 -7
4T 重永 亜斗夢 -2 -7
6 武藤 俊憲 -3 -6
7T キム・キョンテ -4 -5
7T 小林 正則 -2 -5
7T 宋 永漢 -4 -5
7T ブラッド・ケネディ -4 -5
<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 2日目◇1日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,384ヤード・パー71)>

石川遼はこの日も苦しんだ。3オーバー・101位タイからスタートし、4バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの「71」と巻き返しはならず、トータル3オーバーでフィニッシュ。5年ぶり出場のツアープレーヤー最強決定戦は、予選落ちが濃厚となっている。

初日に5オーバーと苦戦したアウトコースから出た石川は、この前半で2バーディ・1ボギーとスコアを1つ伸ばして折り返す。後半11番、13番でもバーディを奪取。順調にスコアを重ねる。

しかし、14番パー4でボギーを喫すると、続く15番でダブルボギー。今大会最長となる615ヤードのパー5に跳ね返され、一時はイーブンまで戻したスコアが3オーバーにリバウンド。予選通過ラインに1打届かない、トータル3オーバーでフィニッシュとなった。

「ドライバーがまだまだ不安定。本当にまだまだですね」とホールアウト後に唇を噛んだ石川。「(バーディを奪った)2番で久しぶりに納得のいくショットがうてた。前半はいい感じでやれていたのですが、18ホール続かなかった」。今回の結果で「日本プロゴルフ選手権」2日目から11ラウンド連続で70台。次戦こそショット復調の兆しを見出せるか。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

努力が結果に現れず… 悩める石川遼は「スポーツ選手としてきつい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ