日本プロゴルフ選手権大会

国内男子

藤本佳則がメジャー2勝目に王手 宮里優作は17番“+4”で4打差後退

メジャー2勝目に王手をかけた藤本佳則 日本プロゴルフ選手権大会(2018)(3日目) 写真・村上航
メジャー2勝目に王手をかけた藤本佳則 日本プロゴルフ選手権大会(2018)(3日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 藤本 佳則 -3 -6
2 谷口 徹 -1 -5
3T 武藤 俊憲 -2 -4
3T 稲森 佑貴 E -4
5T 上井 邦裕 -5 -3
5T 姜 庚男 +1 -3
7T 竹安 俊也 -3 -2
7T 星野 陸也 -4 -2
7T 堀川 未来夢 -2 -2
7T 阿久津 未来也 -2 -2
<日本プロゴルフ選手権大会 3日目◇12日◇房総カントリークラブ 房総ゴルフ場(7,324ヤード・パー72)>

今季のメジャー初戦「日本プロゴルフ選手権」3日目の競技が終了し、4バーディ・1ボギーの「69」とスコアを3つ伸ばし、トータル6アンダー・単独首位でフィニッシュ。今季初勝利、メジャー2勝目に王手をかけている。

1打差2位に大会3勝目を狙う谷口徹、2打差3位タイに武藤俊憲、稲森佑貴が続いた。

一時は単独首位に立っていた昨年覇者の宮里優作は、後半17番パー4でティショットをOBするなど、ホールアウトまで「8」打を要して急落。首位と4打差のトータル2アンダー・7位タイに後退した。

石川遼も同じく17番でトリプルボギーを叩き、この日「75」と振るわず。首位と9打差のトータル3オーバー・33位タイで3日目を終えている。

【3日目までの順位】
1位:藤本佳則(-6)
2位:谷口徹(-5)
3位T:武藤俊憲(-4)
3位T:稲森佑貴(-4)
5位T:上井邦裕(-3)
5位T:姜庚男(-3)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・藤本佳則は“無自覚”の5年ぶりV王手! じわじわ見せる復活劇
・プレーもトークもベテランの余裕が炸裂!谷口徹が目指すは3年シード!?
・宮里優作、17番で痛恨のダブルパー“8” 一発のOBで連覇遠のく
・星野陸也がバースデイチャージ!41位→7位に急浮上
・【3日目のコメント集】武藤俊憲 プレーオフで敗れた2年前の大会は「もう忘れました」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ