パナソニックオープン

国内男子

石川遼は7打差の57位タイと出遅れ 片山晋呉、星野陸也が7アンダーでトップ

明日以降のプレーに期待がかかる石川遼 パナソニックオープン(2018)(初日) 写真・村上航
明日以降のプレーに期待がかかる石川遼 パナソニックオープン(2018)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 片山 晋呉 -7 -7
1T 星野 陸也 -7 -7
3 木下 稜介 -6 -6
4T 香妻 陣一朗 -5 -5
4T 川村 昌弘 -5 -5
4T 久保谷 健一 -5 -5
4T 李 尚熹 -5 -5
4T 市原 弘大 -5 -5
4T ブラッド・ケネディ -5 -5
4T キム・ヒョンソン -5 -5
<パナソニックオープン 初日◇19日◇茨木カンツリー倶楽部・西コース(7,343ヤード・パー71)>

19日(木)に開幕した国内男子ツアー「パナソニックオープン」初日は、全選手がホールアウト。先週の「東建ホームメイトカップ」は1打差で優勝を逃した石川遼が、5バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの「71」。イーブンパー・57位タイで初日を終えた。その石川に競り勝ち、同大会でツアー初優勝を飾った重永亜斗夢は、5バーディ・4ボギー・1ダブルボギーと出入りの激しいゴルフで1オーバー・75位タイだった。

8バーディ・1ボギーの片山晋呉と、2イーグル・4バーディ・1ボギーの星野陸也が7アンダーでトップに立った。1打差の単独3位に木下稜介。5アンダーの4位タイに香妻陣一朗、川村昌弘、久保谷健一ら7人が続いている。

「東建-」を欠場し、マスターズ以降初の大会出場となる池田勇太は、1バーディ・3ボギーの2オーバー・90位タイと大きく出遅れた。なお先週の米国男子ツアー「RBCヘリテイジ」で米初優勝を果たした小平智は、開幕前に欠場が発表されている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・片山晋呉は充実のスタートに「ナイスプレーっていってほしいな(笑)」
・「腰が砕けたら終わる」力んで力んで腰をかばい、久保谷健一はギリギリの状態でも首位と2打差

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ