レオパレス21ミャンマーオープン

国内男子

P・ピーターソンが逆転でツアー初勝利 宮里優作は後半崩れ5位

ツアー初勝利を飾ったポール・ピーターソン レオパレス21ミャンマーオープン(2018)(最終日) 写真・大会事務局
ツアー初勝利を飾ったポール・ピーターソン レオパレス21ミャンマーオープン(2018)(最終日) 写真・大会事務局

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ポール・ピーターソン -5 -13
2T 小平 智 -8 -11
2T 池村 寛世 -4 -11
4 ベリー・ヘンソン -7 -10
5T ショーン・ノリス -2 -9
5T ラタノン・ワナスリチャン -2 -9
5T 宮里 優作 E -9
8T 小鯛 竜也 -5 -8
8T 川村 昌弘 E -8
10T S・ビンセント -5 -7
<レオパレス21ミャンマーオープン 最終日◇28日◇パンラインゴルフクラブ(7,103ヤード・パー71)>

アジアと日本の共同主管大会「レオパレス21ミャンマーオープン」の最終ラウンドが終了。2打差の3位タイから出た29歳のレフティ、ポール・ピーターソン(米国)が1イーグル・6バーディ・3ボギーの“66”で回り、トータル13アンダーで逆転優勝を飾った。アジア、日本ツアーともにこれが初勝利。

前半でスコアを4つ伸ばして首位ターンを決めたピーターソンは、後半12番・13番と連続バーディを奪取し、独走状態を築く。前日にダブルボギーを叩いた17番でボギーを喫するなど、一時は後続に1打差と詰め寄られるも、最終ホールをバーディでフィニッシュ。ツアー初勝利の栄誉を掴み取った。

前半を首位タイで折り返した国内賞金王・宮里優作は、後半からショットが安定せず、11番のダブルボギー、13番でもボギーを叩いて優勝争いから脱落。最終ホールではイーグルパットを沈めて、トータル9アンダー・5位タイで大会を終えた。

この日8バーディ・ノーボギーの“63”をマークした小平智と22歳の池村寛世がトータル11アンダー・2位タイ。川村昌弘と小鯛竜也がトータル8アンダー・8位タイとした。

【最終結果】
優勝:ポール・ピーターソン(-13)
2位T:小平智(-11)
2位T:池村寛世(-11)
4位:ベリー・ヘンソン(-10)
5位T:宮里優作(-9)
5位T:ショーン・ノリス(-9)
5位T:ラタノン・ワナスリチャン(-9)
8位T:川村昌弘(-8)
8位T:小鯛竜也(-8)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・日本にも照準?米国のレフティがアジアンツアー初勝利

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ