ダンロップフェニックストーナメント

国内男子

ブルックス・コプカが大会史上5人目の連覇達成!松山英樹は単独5位

ブルックス・コプカが大会連覇を達成! ダンロップフェニックストーナメント(2017)(最終日) 写真・村上航
ブルックス・コプカが大会連覇を達成! ダンロップフェニックストーナメント(2017)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ブルックス・ケプカ -4 -20
2T プラヤド・マークセン -4 -11
2T 李 尚熹 +1 -11
2T ザンダー・シャウフェレ E -11
5 松山 英樹 -2 -10
6T 今平 周吾 -3 -9
6T 朴 相賢 -2 -9
6T H・W・リュー +1 -9
9T 小田 孔明 -3 -8
9T ウェスリー・ブライアン -2 -8
<ダンロップフェニックス 最終日◇19日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>

宮崎県のフェニックスカントリークラブにて行われている国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」の最終ラウンド。全選手がこの日の競技を終え、昨年覇者のブルックス・コプカ(米国)が1イーグル・4バーディ・2ボギーの“67”をマーク。トータル20アンダーで大会史上5人目となる連覇を決めた。

9打差2位タイにはプラヤド・マークセン(タイ)、李尚熹(韓国)、ザンダー・シャウフェレ(米国)が、首位と10打差の単独5位には、世界ランク4位の松山英樹が続く。松山は3番パー3でイーグルを奪うも、その後思うようにスコアを伸ばせず1イーグル・5バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“69”でラウンドし、逆転勝利を果たせずに終わった。

今季国内6戦目で初の決勝ラウンド進出となった石川遼は、5バーディ・2ボギーの“68”でラウンド。トータル3アンダーで27位タイとなった。

その他では、現在賞金ランク2位の宮里優作がトータル5アンダー19位タイ、同ランク4位の池田勇太がトータル7アンダー11位タイに入った。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・松山英樹、試合で初のエース達成!次ホールでは「フワフワする感じ」を初体験
・石川遼、国内復帰後初の60台も「ショットの内容はまだまだ」
・51歳シニアツアーの賞金王が2位フィニッシュ!レギュラーでもシニアでも稼ぎまくり

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ