マイナビABCチャンピオンシップ

国内男子

石川遼は3戦連続予選落ち「結果だけ見ると残念」

遼は苦しいゴルフが続く、来週こそは…! マイナビABCチャンピオンシップ(2017)(2日目) 写真・村上航
遼は苦しいゴルフが続く、来週こそは…! マイナビABCチャンピオンシップ(2017)(2日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 永野 竜太郎 -8 -11
2 小鯛 竜也 -5 -10
3T 任成宰(イムソンジェ) -7 -9
3T 藤田 寛之 -6 -9
3T 片山 晋呉 -9 -9
6T 大堀 裕次郎 -6 -8
6T 小平 智 -3 -8
6T チャプチャイ・ニラト -5 -8
9T 岩本 高志 -6 -7
9T 松村 道央 -3 -7
<マイナビABCチャンピオンシップ 2日目◇27日◇ABCゴルフ倶楽部(7,217ヤード・パー72)>

先の見えないトンネルから、まだ抜けられなかった。日本ツアー復帰後の3戦目に臨んだ石川遼だったが、この日は4バーディ・4ボギーの“72”とスコアを伸ばせず、カットラインに1打及ばないトータル1オーバーで3戦連続の予選落ちとなった。

第2ラウンドのスタート前の練習場。ツアー通算94勝を誇る尾崎将司から、「ドライバーを打ってみろ」といきなり言われたという。「ジャンボさんの目に、今の自分のスイングがどういう風に見えているのか知りたい」と思い、練習の1発目からドライバーを打ったところ、「トップからダウンスイングに入るところの間がないな」と指摘された。

ラウンド中も、尾崎から教えられたインパクトからフォローにつながる素振りを繰り返した。「自然と間が作れるような理想のインパクトからのフォローを意識」しながらプレーしたというが、ドライバー、アイアンともに右に行く球が多かった。2日間のフェアウェイキープ率は32・14パーセント(出場96人中86位)、パーオン率は55.56パーセント(同80位タイ)と石川の調子を数字が物語っている。この日もバーディを4つ奪ったが、ボギーも同じ数だけ叩き、予選カットラインを突破することができなかった。

とはいえ、「基本中の基本を教えてもらった感じ」という尾崎からのアドバイスもあり、「間がないことが(プッシュアウトが出る)原因だったことが分かって、気持ち的に楽になった」という。「(これまでは)打ってみないと分からないという感じだったので、あとは精度の問題だし、練習の問題ですね」と語った。

「(今回も)結果だけ見ると残念だし、悲観的にしっかり見ないといけないこともありますが、今までと違うところも明らかにある」と前を向いた石川。さらに今後についても、「来週も出るし、その後も全部出たい」と意欲を見せた。暗闇の中で尾崎が示した一筋の光を頼りに、先の見えないトンネルからの出口を探し続ける。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・首位浮上の永野竜太郎 ツアー初Vに向け「ジャンボさんと常に回っている感じで」

・相性は「いいじゃなくて“とってもいい”」昨年覇者の片山晋呉が3位タイ浮上!

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ