ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦~決勝) 

国内男子

片山晋呉が激闘制し決勝進出!池田勇太は同級生対決に敗れる

今大会2度目の延長戦を制し決勝に進んだ片山晋呉 ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦~決勝)(2017)(4日目) 写真・佐々木啓
今大会2度目の延長戦を制し決勝に進んだ片山晋呉 ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦~決勝)(2017)(4日目) 写真・佐々木啓
<ISPSハンダマッチプレー選手権 準決勝・5位タイ決定戦◇9日◇浜野ゴルフクラブ(7,217ヤード・パー72)>

国内男子ツアー「ISPSハンダマッチプレー選手権」。この日、準決勝・5位タイ決定戦が行われ、決勝戦に進む2人が決定した。

日本勢VS韓国勢の対決となった準決勝。2週連続優勝を狙うH・W・リュー(韓国)は高山忠洋と対戦。勝負は延長戦へもつれ込み、20ホール目にポイントを奪ったリューが激闘を制した。

ツアー永久シードの片山晋呉は、準々決勝で池田勇太を撃破した趙炳旻(韓国)と一歩も譲らぬ熱戦を展開。こちらも延長戦へ突入し、迎えた21ホール目でポイントを奪取した片山が苦しみながらも決勝戦への切符を掴み取っている。

5位タイ決定戦では今平周吾がマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)に4&3の大勝。池田勇太は幼馴染である長距離砲・塚田陽亮と戦ったが、終始相手にリードを奪われる苦しいゴルフとなり、2&1で同級生対決は塚田に軍配が上がった。

明日の最終日は3位決定戦で高山と趙、決勝戦で片山とリューが雌雄を決する。

【準決勝の結果】
●高山忠洋 1UP(20H) H・W・リュー○
○片山晋呉 1UP(21H) 趙炳旻●

【5位タイ決定戦の結果】
○今平周吾 4&3 マイケル・ヘンドリー●
●池田勇太 2&1 塚田陽亮○

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・H・W・リューの勢い止められず… 高山忠洋は悔しさいっぱい
・今平周吾が5位タイ決定戦で快勝!今後の目標はビッグトーナメント制覇
・同級生対決は塚田陽亮に軍配も… 85年組のリーダーはまだまだ池田勇太?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ