長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ

国内男子

スイング調整で前向き!片岡大育が今季初の首位スタート

初日の自己ベスト“64”で首位発進を決めた片岡大育 長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ(2017)(初日) 写真・村上航
初日の自己ベスト“64”で首位発進を決めた片岡大育 長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ(2017)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 片岡 大育 -8 -8
2T 小田 龍一 -7 -7
2T 宮里 優作 -7 -7
4T 黄 重坤 -6 -6
4T 杉本 エリック -6 -6
4T 池田 勇太 -6 -6
4T キム・キョンテ -6 -6
8T ブラッド・ケネディ -5 -5
8T 飯島 宏明 -5 -5
8T 丸山 大輔 -5 -5
<長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ 初日◇6日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,178ヤード・パー72)>

国内男子ツアー「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」初日。28度まで気温の上がった北の大地で、南国・土佐出身の片岡大育が自身の初日における最小スコアを更新する“64”をマークし、今季初のトップスタートを決めた。

「前半の12番でバーディを取れて落ち着いた」という片岡。出だしの10番、11番のチャンスを逃して迎えた12番。「ピンの左、約7メートル、きついスライスラインだったけどジャストタッチだった」というバーディパットを決めると、その後、前半のインで2つ。後半のアウトで5つのバーディをゲット。終わってみれば8バーディ・ノーボギーの8アンダー。昨年優勝した「トップ杯東海クラシック」での首位タイ以来となる初日トップスタートとなった。

好調の要因に、「調子が良くなかった」スイングの調整を挙げた片岡。今季は飛距離アップのために強い球筋を求めるあまりハンドファーストが強くなりすぎて、インパクトでフェースが開いていた。そのチェックポイントに気づいたオープンウィーク期間中に青山充コーチと改善に取り組み、自身が望む「ボールを押し込む感じ」に修正。気持ちが前向きになれたという。

「クラブも振れていて、自分的には飛んでいる」と飛距離についても手ごたえを感じている片岡。今季の国内開催ツアー7戦中6戦で予選を通過という安定感で、今季初優勝を目指す。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・日本生まれ米国育ち 南米で腕磨く杉本エリックが初参戦で4位発進
・豪雨被害の地元に届け 小田孔明「雨を吹っ飛ばすようなバーディを」
・「気分の悪い終わり方だった」池田勇太 自身初の6連続バーディにも不満顔

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ