日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills

国内男子

大先輩からの“口撃”にも負けず!今平周吾が首位タイ発進

若手のホープ・今平周吾が存在感を発揮!4アンダー首位発進を決めた 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills(2017)(初日) 写真・佐々木 啓
若手のホープ・今平周吾が存在感を発揮!4アンダー首位発進を決めた 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills(2017)(初日) 写真・佐々木 啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T アンジェロ・キュー -4 -4
1T ショーン・ノリス -4 -4
1T 武藤 俊憲 -4 -4
1T 今平 周吾 -4 -4
1T ブレンダン・ジョーンズ -4 -4
1T 小平 智 -4 -4
1T 中島 徹 -4 -4
1T 遠藤 彰 -4 -4
9T 清田 太一郎 -3 -3
9T 木下 裕太 -3 -3
<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 初日◇1日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,384ヤード・パー71)>

今季、「関西オープン」で悲願の初優勝を挙げるなど好調な今平周吾。この日開幕したメジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」でも1イーグル・5バーディ・3ボギーの“67”をマーク。この大会における自己ベストを2打更新、4アンダーで首位タイに立った。

今平は2番パー5で210ヤードのセカンドショットを4番アイアンで1.5メートルにつけ、イーグルを奪取。その後も「アイアンが良かった」と切れ味鋭いショットでチャンスを量産、4番から3連続バーディを奪うなど勢いのあるプレーで最高のスタートを切った。

昨年大会では予選落ち。しかし、今季は「ショット、パットも全部良くなっている」と昨年よりもいい状態で自信をもって臨むことができている。予選ラウンドは親交のある谷口徹と同組。「最初は谷口さんもいい感じ(1番から3連続バーディ)だったので集中してなにもなかったんですけど、途中から悪くなって結構話しかけてきました(笑)“ショットがいいやつはいいな~”とか」。大先輩からの愛のあるホメ殺し“口撃”も上手くかわした。

この大会に優勝すれば5年シード、そして7月のメジャー「全英オープン」の出場権も手に入る。「5年シードがあればいろいろな挑戦ができる。欲しいですね」。優勝してまた一皮むけた印象の今平。2勝目はメジャータイトル、となるか。


記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・元スキーヤーで、ダム建設現場でバイト!?異色の38歳が“ケガの功名”で首位発進
・ジャンボ尾崎が宮里藍引退についてコメント「俺みたいにしぶとくやるタイプもいるけどな」
・谷原秀人、技ありイーグルで首位と1打差につけるも「全然ダメ」
・武藤俊憲、フィニッシュでクラブが手から離れるのも「いい兆候」!?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ