~全英への道~ミズノオープン

国内男子

宮里優作の全英オープン出場確定 1週間で2つのメジャー出場権

来週の期限を待たずして全英行きを決めた宮里優作 ~全英への道~ミズノオープン(2017)(最終日) 写真・米山聡明
来週の期限を待たずして全英行きを決めた宮里優作 ~全英への道~ミズノオープン(2017)(最終日) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 チャン・キム -4 -15
2 マイケル・ヘンドリー -4 -10
3 アダム・ブランド -2 -7
4T キム・キョンテ -3 -6
4T W・J・リー -2 -6
6T 古田 幸希 -2 -4
6T ショーン・ノリス -2 -4
6T 朴 ジュンウォン +2 -4
9T デービッド・オー -3 -3
9T 李 尚熹 -1 -3
<~全英への道~ミズノオープン 最終日◇28日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,404ヤード・パー72)>

宮里優作の2年連続3回目となる「全英オープン」出場が確定した。トータル3アンダーの9位タイに終わり、今大会の上位4選手に与えられる出場権は逃したが、次戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビル杯 ShishidoHills」までの賞金ランキング上位2名という出場資格での全英オープン行きを、次週を待たずに確定させた。現在賞金ランク1位の宮里が、次週で2人にランクを抜かれる可能性が消滅したため。

この日のラウンドは前半2バーディでスコアを伸ばすも、後半最難関の14番でダブルボギーを叩くなど失速。「ダボが痛かったなぁ。勝負所だと思ったけど、逆目がキツくて思わず打っちゃいましたね」と約4メートルからの3パットを悔やんだ。それでも、月曜日44ホールに及んだ「全米オープン」予選から今大会とハードなスケジュールを終えて「今週は疲れましたね。よく体力を戻してこれた」。まずは、1週間で2つのメジャー出場権を手にしてホッと息をついた。

「全英オープン」開催コースのロイヤルバークデールは2014年の「全英オープン」出場時に妹の藍が「全英リコー女子オープン」でプレーして観戦に訪れたことがあるという。「18ホールついて歩きましたけど、バンカーが多い印象。フェアウエーはフラットだけど見えないところに打っていくホールが多かった」と当時を思い返した。

いずれにしても強風下でのプレーとなるため「ローパンチみたいな球を打てるようにしておきたい。今週は風が強かったのでいい練習になりましたね」と対策は万全にして臨む構え。「3回目なんでそろそろ慣れてほしいですよね(笑)」。2014年、昨年といずれも予選落ちを喫しているが、今季はもっか賞金ランク1位としての参戦。過去2回にないゴルフの充実と勢いが今はある。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「谷口さんのプレーは勉強になりました」今平世代の古田幸希が日本勢最上位
・元師匠はデービッド・イシイ 飛ばしだけじゃないチャン・キムの勝因
・日本からの全英枠残すは“1” 今平周吾、久保谷健一らが争う

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ