ダンロップフェニックス

国内男子

賞金ランクトップの谷原秀人が首位タイの好スタート!

谷原秀人 ダンロップフェニックス (2016)(1日目) 写真・村上航
谷原秀人 ダンロップフェニックス (2016)(1日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T H・W・リュー -7 -7
1T 谷原 秀人 -7 -7
3T B・ケプカ -6 -6
3T プラヤド・マークセン -6 -6
5T アンジェロ・キュー -5 -5
5T E・グリジョ -5 -5
5T S・カウフマン -5 -5
8T 市原 弘大 -4 -4
8T S・ノリス -4 -4
8T 藤田 寛之 -4 -4
ダンロップフェニックストーナメント(11月7日~11月20日、宮崎県・フェニックスカントリークラブ、7027ヤード、パー71)

<本文>
 ダンロップフェニックストーナメントが開幕。初日を終えて首位に立ったのは通算7アンダーをマークしたH・W・リューと谷原秀人の2人。先週は絶不調で予選落ちを喫した谷原だが、今日は7バーディ、ノーボギーの64と好スコアをたたき出し、賞金ランクトップのプレーが戻ったことを周囲に印象づけた。

 1打差の3位タイにつけたのはB・ケプカとP・マークセンの2人で通算6アンダー。2打差の5位タイはA・キューとE・グリジョ、S・カウフマンの3人で通算5アンダー。続いて8位タイにはS・ノリス、藤田寛之、B・ジョーンズ、I・J・ジャン、市原弘大の5人が通算4アンダーで並んだ。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ