三井住友VISA太平洋マスターズ

国内男子

松山英樹「良い流れきている」

松山英樹 三井住友VISA太平洋マスターズ(2016)(最終日) 写真・佐々木啓
松山英樹 三井住友VISA太平洋マスターズ(2016)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 松山 英樹 -3 -23
2 宋 永漢 -2 -16
3T S・H・キム -8 -15
3T 小平 智 -7 -15
5 宮里 優作 -2 -14
6T 宮本 勝昌 -4 -13
6T 朴 相賢 E -13
8T 藤田 寛之 -2 -12
8T 今平 周吾 -2 -12
8T チェ・ホソン -1 -12
三井住友VISA太平洋マスターズ(11月10日~11月13日、静岡県・太平洋クラブ 御殿場コース、7246ヤード、パー72)

<主な選手の最終日コメント>

松山英樹(1位、7バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの69、通算23アンダー)
「今日は9アンダーを出せば日本ツアーでの記録になると記事で見たので、66-65-69ときたので出せない数字ではないと思いましたが、前半の6番でダボを打ってしまい、その可能性がなくなってきたので、そこから一つずつ伸ばしていければいいと思っていました。前半はその後も良くなかったのですが、後半になって4つバーディを獲れたので良かったと思います。(ワールドカップに向けて)良い流れできていますが、これがチーム戦になった時に、これでは足を引っ張ってしまうと思います。しっかりと“これは自信を持って打てる”というものを残り1週間で作りたいです。(石川遼)もそういう気持ちで来てくれると思います。特に不安はないですが、優勝争いをできるように頑張りたいです」

宋永漢(2位、4バーディ、2ボギーの70、通算16アンダー)
「(松山選手と)2日間一緒に回って、優勝争いをしたことは嬉しかったですし、何よりも学べたことが良かったです。後半の残りの試合にもいい影響になりそうです。あまり良いショットをしなかったとしても、それをリカバリーする力が世界のプレーヤーだなと感じました」

S・H・キム(3位タイ、8バーディ、ノーボギーの64、通算15アンダー)
「全てが良かったですね。神様が助けてくれたのかと思いました。前半はアプローチが良くて、バーディが獲れました。11番ではエッジ近くからパターで打ったものがそのまま入ってビックリしました。今年初めてのトップ10フィニッシュで、目標にしていたシード権も
ほぼ確定したのが嬉しいですね」

小平智(3位タイ、1イーグル、5バーディ、ノーボギーの65、通算15アンダー)
「今日はドライバーがすごく良かったです。パターを少し修正してそこから良くなって、際どいパットが入ったので、それが良かったのではと思います。ショットは今週ずっと良くて、ショットもパットも噛み合ってくれたので良かったです。自分のゴルフをすることを心がけてずっと1日やっていました」

宮里優作(5位、6バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの70、通算14アンダー)
「残念。前半で打ちすぎですね。後半は少し掴んでゴルフらしくなりましたね。ある程度、修正がきくようになってきました。悪い時でもアンダーパーで回ってくるというのが僕の哲学なので、今週の4日間はそれがクリアできました。来週には繋がると思います」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ