三井住友VISA太平洋マスターズ

国内男子

松山英樹 2位と6打差も「明日はしっかりスコアを伸ばしたい」

松山英樹 三井住友VISA太平洋マスターズ(2016)(3日目) 写真・佐々木啓
松山英樹 三井住友VISA太平洋マスターズ(2016)(3日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 松山 英樹 -7 -20
2 宋 永漢 -4 -14
3 朴 相賢 -2 -13
4T 宮里 優作 -7 -12
4T 李 京勲 -5 -12
6T 趙 炳旻 -5 -11
6T S・ストレンジ -5 -11
6T チェ・ホソン -4 -11
9T 今平 周吾 -5 -10
9T 武藤 俊憲 -5 -10
三井住友VISA太平洋マスターズ(11月10日~11月13日、静岡県・太平洋クラブ 御殿場コース、7246ヤード、パー72)


主な選手の3日目コメント

松山英樹(1位 7バーディ、ノーボギー 65 通算20アンダー)
「状態が悪すぎるわりにはスコアが出ています。(2位との)差はあったほうがいいです。(2位の宋)ヨンハンもいいプレーをしていたので、ショットは何回かミスをしていましたが、それがなくなれば怖い存在かなと。でも自分が伸ばせば関係ないと思うので、伸ばすことだけを考えてやりたいなと思います。油断しないで、明日はしっかりスコアを伸ばしていけるようにがんばりたいです」

宋永漢(2位 6バーディ、2ボギー 68 通算14アンダー)
「今日のラウンドは勉強になりました。上手な選手(松山英樹)と回って、セーブもうまい。集中力もあるところを見せつけられました。ショットの感じはよくなりました。最後にバーディで終われたので、うれしいですね。(松山とは)6打差なのでもう『オメデトウ』です(笑)。みんな同じ考えだと思いますよ」

朴相賢(3位 4バーディ、2ボギー 70 通算13アンダー)
「今日の自分のプレーは思いどおりにいかなかったです。最初はギャラリーが多くて緊張しないようにしたけど、緊張してしまって。緊張したことでプレーのリズムに乗りきれなかったですね。(松山英樹と同組で)いいギャラリー観戦ができましたね(笑)。明日も同じメンバーで最終組なので、ギャラリーが多いと思います。その雰囲気には慣れましたので、スコアの差を意識しないでプレーしたいと思います」

宮里優作(4位タイ 1イーグル、5バーディ 65 通算12アンダー)
「今日は思い切ってパターを替えていったのがよかったです。ブレードタイプのセンターネックから、マレットタイプに変えました。ショットは良くなってきています。アイアンショットの縦の距離感も、いいイメージが出せているので、浮上のきっかけになってくれればいい。上はきついですね」

武藤俊憲(9位タイ 7バーディ、2ボギー 67 通算10アンダー)
「(67も)まだまだです。今日30パットだったので、もうちょっと入れたかったですね。チャンスはたくさん作れていますけど、ショットには納得いっていません。それでもそこからセーブできていました。(トップ独走は)どうにもならないですね。これだけやられちゃうと。初日、2日目に伸ばしていけなかったから。世界でいろいろ経験しているから、ここまで伸ばせる。われわれは国内だけですから」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ