HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

国内男子

谷原秀人がプレーオフを制し今季3勝目。賞金ランキングもトップに上昇!

谷原秀人 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP(2016)(最終日) 写真・鈴木祥
谷原秀人 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP(2016)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 谷原 秀人 E -12
2 池田 勇太 -4 -12
3 稲森 佑貴 +3 -9
4 片岡 大育 -2 -7
5 朴 相賢 E -6
6T 大堀 裕次郎 -4 -5
6T H・W・リュー -1 -5
8T 武藤 俊憲 -1 -4
8T 小田 孔明 E -4
8T 黄 重坤 +1 -4
HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP(11月3日~11月6日、千葉県・総武カントリークラブ 総武コース、7214ヤード、パー70)


 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIPの最終日は18ホールを終えた時点で、通算12アンダーとした谷原秀人と池田勇太のプレーオフに突入。18番ホールでの繰り返しとなったプレーオフは、2ホール目を3オンとした池田に対し、2オン1パットのバーディとした谷原が勝利。今季3勝目、ツアー通算14勝目を挙げ、池田を抜いて今季の賞金ランキングトップに躍り出た。

 3打差の3位につけたのは通算9アンダーをマークした稲森佑貴。4位は通算7アンダーの片岡大育、5位は通算6アンダーの朴相賢、6位タイは大堀裕次郎とH・W・リューで通算5アンダー。そして8位タイには武藤俊憲、小田孔明、黄重坤の3人が通算4アンダーで並んだ。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ