マイナビABCチャンピオンシップ

国内男子

片山晋呉が今季初勝利、ツアー通算30勝を達成!

片山晋呉 マイナビABCチャンピオンシップ(2016)(最終日) 写真・村上航
片山晋呉 マイナビABCチャンピオンシップ(2016)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 片山 晋呉 -4 -12
2 小林 伸太郎 -1 -11
3 小田 孔明 -2 -9
4T 任 成宰 -2 -8
4T 香妻 陣一朗 -1 -8
6T 市原 弘大 -4 -7
6T 姜 庚男 -3 -7
6T 井上 信 -1 -7
9T 宮本 勝昌 -5 -6
9T 大堀 裕次郎 -4 -6
マイナビABCチャンピオンシップ(10月27日~10月30日、兵庫県・ABCゴルフ倶楽部、7217ヤード、パー72)

 マイナビABCチャンピオンシップの最終日。国内男子ツアー永久シード保持者の片山晋呉が自身のキャリアの節目となるツアー30勝目を挙げた。初日を通算5アンダーの2位タイ発進したものの、ショットに不安を抱えていたが、その日のうちに修正し、2日目は通算9アンダーで連日2位をキープ。3日目も通算8アンダーの2位として最終日を迎えた。「常に進化して常に考える。今の僕の体と歳に合ったものは何かを探しています」とベテランでも常に進化を意識する日頃からの姿勢が実り、最終日は4バーディ、ノーボギーの68、通算12アンダーをマークして今季初勝利。片山の攻める気持ちが通算30勝という記録につながった。

 1打差の2位は通算11アンダーをマークした小林伸太郎。3位は通算9アンダーの小田孔明。4位タイは任成宰、香妻陣一朗で通算8アンダー。6位タイは通算7アンダーの市原弘大、姜庚男、井上信の3人。続く9位タイには宮本勝昌、大堀裕次郎、今平周吾、富村真治、近藤共弘、H・リーの6人が通算6アンダーで並んだ。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ