アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ

国内男子

小池一平「自己最高位はうれしかった」

小池一平 アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ(2016)(3日目) 写真・鈴木祥
小池一平 アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ(2016)(3日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 セン・セショウ -8 -10
2 小池 一平 -1 -8
3 山下 和宏 -2 -7
4T 今平 周吾 -4 -6
4T 宮本 勝昌 -4 -6
4T P・コンワットマイ +2 -6
7T 谷原 秀人 -3 -5
7T 片岡 大育 -1 -5
9T 時松 隆光 -2 -4
9T 岩本 高志 -2 -4
アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ(9月22日~9月25日、大阪府・茨木カンツリー倶楽部 西コース、7320ヤード、パー70)

<主な選手の最終日コメント>

詹世昌(1位、8バーディ、ノーボギーの62、通算10アンダー)
「今日は8バーディが取れたし、ドライバーもアイアンもすべて良くて、運も良かった。とてもいいプレーができました。今後は、まず台湾の試合に出てから考えます。アジアンツアーと日本ツアーをゆっくり考えていきたいです。11月末にはゴルフのワールドカップに出る予定です」

小池一平(2位、4バーディ、3ボギーの69、通算8アンダー)
「初日、2日目、3日目と球は曲がるし、バーディチャンスにつかなかったのに、最終日最終組で回れてよかった。踏ん張れました。自己最高位はうれしかったですね。難しいコースでアンダーで回れて自信になりました」

山下和宏(4位タイ、6バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの68、通算7アンダー)
「残念ですが、4日間できたことがよかったです。今までこれが最後の優勝争いかと思っていましたが、今回はこれからもチャンスがあるかも、という思いが強くなりました。本当に良い感じでした。優勝争いの一番真ん中にいられたので、満足という感じです」

P・コンワットマイ(4位タイ、2バーディ、4ボギーの72、通算6アンダー)
「今日はショットが悪かったです。でも、いくつもアプローチでセーブできたので、今日の2オーバーは良しとします。良い経験でした。最終日、最終組ですから。これでアジアの賞金ランキングも上がったので、良かったと思います」

星野陸也(18位タイ、2バーディ、3ボギーの71、通算1アンダー)
「ショットは初日から悪くなかったですが、2日目から少し調子が下がってきてしまいました。パターが入らなくて流れを作ることができなくて、3~4日目は全然入らなかったです。自分としては出させていただいたので、期待を裏切らないようにやっていました」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ