ANAオープン

国内男子

3年ぶりVのB・ジョーンズ「もう勝てないと思っていた」

B・ジョーンズ ANAオープン(2016)(最終日) 写真・村上航
B・ジョーンズ ANAオープン(2016)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ブレンダン・ジョーンズ -2 -18
2 池田 勇太 -5 -17
3 石川 遼 -4 -16
4 今平 周吾 -2 -15
5 宋 永漢 -4 -14
6T 重永 亜斗夢 -5 -13
6T キム・ヒョンソン -4 -13
6T 片岡 大育 +1 -13
9T C・キム -6 -12
9T 朴 相賢 -3 -12
ANAオープン(9月15日~9月18日、北海道・札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース、7063ヤード、パー72)

主な選手の最終日コメント

B・ジョーンズ(1位 4バーディ、2ボギー 70 通算18アンダー)
「ここ3年くらい自分のゴルフが難しいと感じていて、頭のどこかではもう日本ツアーでは勝てないのではと思うこともあった。でも、今週すべてが変わった感じがする。ここ1カ月くらいいいゴルフができていた。20位台が続いていたが、今週はショットもパットもよくて勝つことができた。前半二つのボギーをたたいたけど、自分のゴルフがよかったのであまり心配はなかった。3年前のこの大会で左手首の靱帯を損傷して、1年間ツアーを休んだ。二度の手術をして復活したが、常に自分の仲ではこの試合に戻ってこようというのはあった。ショートパターで優勝したのはプロになってからは初めて。若い選手が出てきて自分の時代は終わったかなと思う時もあるけど、また先を目指していきたい」

池田勇太(2位 8バーディ、3ボギー 67  通算17アンダー)
「(最終18番のボギーで敗戦)何もいうことはないです。18番の3打目のアプローチは思い切って突っ込まないといけないと思ったけどショートした。すべて自分のミスなので言い訳もないです。自分が下手なだけです。ショットもパットも悪くない。あとはティショットをよく考えることだと思います」

石川遼(3位 6バーディ、2ボギー 68 通算16アンダー)
「優勝争いの中で(同組の池田)勇太さんが非常に安定していたので、対照的なプレーになるとその時点で負けだと思っていた。常に勇太さんの前に打って、勇太さんよりチャンスにつけてというのを目指してやっていたけど、グリーン上で勇太さんが入っていた距離を自分が決められなかったし、仕方ない。後半、優勝争いの中で、ティショットがほとんどフェアウエーにいったのは収穫です。日本オープンに向けて今、取り組んでいる精度を高めていきたい」

今平周吾(4位 5バーディ、3ボギー 70 通算15アンダー)
「自分でも今日はいけるかなと思っていたのですが、後半の3パットがもったいない感じでした。(途中首位に立って)初めて味わうような緊張感がありました。緊張して体がうまく動かず、パットやショットがうまく打てなくなりました。慣れが必要だと思いました」

片岡大育(6位タイ 3バーディ、4ボギー 73 通算13アンダー)
「好きなコースで調子もよかったので、勝ちたかったんですけど残念です。3日目の18番ホール(ダブルボギー)と最終日が悔いが残ります。今日はショットも良くなくて、チャンスがあまりなかったです。ショットの精度をもっと上げたいですね。ここのところ最終日にスコアをあまり伸ばしていんたいので、そこにこだわっていきたいです」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ