フジサンケイクラシック

国内男子

石川遼「非常に収穫あった」

石川遼 フジサンケイクラシック(2016)(最終日) 写真・佐々木啓
石川遼 フジサンケイクラシック(2016)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 趙 珉珪 +1 -7
2T 丸山 大輔 -2 -4
2T 石川 遼 -1 -4
2T 高山 忠洋 -1 -4
2T 片岡 大育 +1 -4
6T 宮本 勝昌 -1 -3
6T ブラッド・ケネディ +4 -3
8T 近藤 智弘 -2 -2
8T 藤本 佳則 -1 -2
8T 今平 周吾 -1 -2
フジサンケイクラシック(9月1日~9月4日、山梨県・富士桜カントリー倶楽部、7524ヤード、パー71)

<主な選手の最終日コメント>

趙珉珪(1位、3バーディ、4ボギーの72、通算7アンダー)
「5年ぶりの優勝だったので、初めて優勝した気分です。5年間待った甲斐があったし、しんどかった分、うれしい気持ちですね。今日は優勝を目標としていましたが、個人的な目標の10アンダーは達成できませんでした。でも、良い結果を出したので、自分を褒めたいです」

丸山大輔(2位タイ、3バーディ、1ボギーの69、通算4アンダー)
「パッティングは今日も良かったですね。3パットもしていないですし。微妙なパーパットをしっかり決められたので、リズムも出ました。久々に良いプレーができたので、それが一番うれしいです。この2年ぐらいは本当に苦しかったので、それが何よりです」

石川遼(2位タイ、4バーディ、3ボギーの70、通算4アンダー)
「出だしのドライバーのミスは、昨日のミスが自分の中で乗っていたので“良くなっていないんじゃないか”と半信半疑な部分が出てしまいました。練習では良い球が打てていたのですが、1番に出てボギーと苦しいスタートになってしまいました。ですが、ショットの内容的には全体として悪くなかったと思います。非常に収穫のある2週間でしたし、次のANAオープンも全力で頑張りたいと思います」

高山忠洋(2位タイ、5バーディ、4ボギーの70、通算4アンダー)
「1番ホールは、グリーンがメチャクチャ速くて、リズムが崩れましたね。2番はそれを見越していいタッチで打てました。4番から、僕の中では(グリーンの状態が)急に変わりだして、打っても打っても届きませんでした。それが続きましたね。でもショットのバリエーションも増えて安定感も増してきているので、この調子を落とさないように、早く優勝できるよう頑張りたいです」

片岡大育(2位タイ、3バーディ、4ボギーの72、通算4アンダー)
「今日は自分のショットの調子が結構悪かったので、追いかける身としてはきつかったです。ビシビシつくよりも、それ以前にショットがかなり悪かったので、トップをとらえることができなかったですね。2位で上がれたのも奇跡。それぐらいひどかったので、まずは自分のゴルフの状態をちゃんとしないといけないと思います」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ