フジサンケイクラシック

国内男子

趙珉珪が苦しみながらも日本ツアー5年ぶり2勝目!

趙珉珪 フジサンケイクラシック(2016)(最終日) 写真・佐々木啓
趙珉珪 フジサンケイクラシック(2016)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 趙 珉珪 +1 -7
2T 丸山 大輔 -2 -4
2T 石川 遼 -1 -4
2T 高山 忠洋 -1 -4
2T 片岡 大育 +1 -4
6T 宮本 勝昌 -1 -3
6T ブラッド・ケネディ +4 -3
8T 近藤 智弘 -2 -2
8T 藤本 佳則 -1 -2
8T 今平 周吾 -1 -2
フジサンケイクラシック(9月1日~9月4日、山梨県・富士桜カントリー倶楽部、7524ヤード、パー71)

 フジサンケイクラシックの最終日。国内屈指の難コースということに加え、時折振る雨の影響でスコアが伸びや悩む選手が多い中、単独首位でスタートした韓国の趙珉珪が3バーディ、4ボギーの72とスコアを一つ落とす苦しい展開ながらも日本ツアーで5年ぶり2勝目となる勝利を飾った。趙はスタートの1番でボギースタートとするも3番、5番をバーディとしてバック9へ。しかし、ここでも折り返しの10番をボギーとするなど、5年ぶりの優勝へのプレッシャーに苦しんだが何とか1オーバーで踏みとどまり、後続がスコアを伸ばしきれなかったことも好走して勝利へとつなげた。

 久しぶりの連戦での疲れもあり、2日目を3位タイ、3日目は5位タイとずるずると順位を下げていた石川遼は、立ち上がりの1番をボギーのとしながらも後半17、18番を連続バーディとして、最終日は4バーディ、3ボギーの70、1アンダーでホールアウト。通算4アンダーとして2位タイまで順位を上げてのフィニッシュとなった。

 2位タイは丸山大輔、石川遼、高山忠洋、片岡大育の4人で通算4アンダー。6位タイは通算3アンダーの宮本勝昌とB・ケネディ。8位タイは近藤共弘、藤本佳則、今平周吾、J・パグンサンの4人が通算2アンダーで並んだ。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ