フジサンケイクラシック

国内男子

石川遼「反省すべき点がたくさんあったラウンドでした」

石川遼 フジサンケイクラシック(2016)(2日目) 写真・佐々木啓
石川遼 フジサンケイクラシック(2016)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ブラッド・ケネディ -6 -7
2 趙 珉珪 E -5
3T J・B・パク -3 -4
3T 石川 遼 -1 -4
5 S・ハン -5 -3
5 文 景俊 -3 -3
7T 藤本 佳則 -2 -2
7T 小田 孔明 -6 -2
7T マイケル・ヘンドリー E -2
10T 貞方 章男 -2 -1
フジサンケイクラシック(9月1日~9月4日、山梨県・富士桜カントリー倶楽部、7524ヤード、パー71)

主な選手の2日目コメント

ブラッド・ケネディ(1位、7バーディ、1ボギーの65、通算7アンダー)
「昨日は32パットだったけど感触は悪くなかった。乗る場所が悪い方だっただけ。今日は易しいほうにつけることができて、上りのパットを打つことができた。ショットもよくて多くのチャンスにつけることができたので、この位置に満足している。コースは難しいけど、フェアウエーもグリーンもきれいだし、素晴らしいコンディション。楽しい週末になると思う。石川選手を見にたくさんのギャラリーが来ると思うけど、ボクにも数人は拍手してくれるファンがいるはず(笑)」

趙珉珪(2位、2バーディ、2ボギーの71、通算5アンダー)
「今日もノーボギーでラウンドしたかったけど、ボギーを二つ売ってしまったのでそれが惜しかったですね。グリーンが昨日より少し速く感じましたので、そこでパッティングが少し合わなかった。今週はシーズンのターニングポイントなので、成績は後の問題です。もちろん成績も大事ですけど(笑)」

J・B・パク(3位、4バーディ、1ボギーの68、通算4アンダー)
「昨日、京都パターがいいですね。水曜日にパターを替えました。長めの35インチにして重くしました。そのおかげです。ショットはあまりよくないですが、パターがいいと自信になります。遼クンは先週優勝したし、調子もいいので、優勝は彼じゃないですか(笑)。距離も長くてランも出なくてコースは難しいです。スコアの出にくいコースですね。このまま自信を持ってプレーしたいです」

石川遼(3位、5バーディ、4ボギーの70、通算4アンダー)
「反省すべき点がたくさんあったラウンドでした。全体的にショットもアプローチもパットもすべてですね。修正点は気づいていますが、治せませんでした。タイミング、リズムですね。なかなかうまくいかないのでガマン、ガマンですけど、ここからなので自分のプレースタイルで焦らずにベストを尽くします。明日はアウトでどれだけいいプレーをできるかです。明日はアンダーで回りたいです」

文景俊(5位、1イーグル、5バーディ、4バーディの68、通算3アンダー)
「いい感じのラウンドでした。ホールインワンの次のホールでもバーディがとれたので、リズムよく流れをつくることができました。ホールインワンは人生で初めてです。前に打った選手もいいショットで、ナイスといいながら打ったら自分が入りました。書運の10万円は韓国の選手と食事に行きます」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ