フジサンケイクラシック

国内男子

石川遼が2週連続優勝に向けて好位置キープ

石川遼 フジサンケイクラシック(2016)(2日目) 写真・佐々木啓
石川遼 フジサンケイクラシック(2016)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ブラッド・ケネディ -6 -7
2 趙 珉珪 E -5
3T J・B・パク -3 -4
3T 石川 遼 -1 -4
5 S・ハン -5 -3
5 文 景俊 -3 -3
7T 藤本 佳則 -2 -2
7T 小田 孔明 -6 -2
7T マイケル・ヘンドリー E -2
10T 貞方 章男 -2 -1
フジサンケイクラシック(9月1日~9月4日、山梨県・富士桜カントリー倶楽部、7524ヤード、パー71)

 第2ラウンドが行われ、首位と2打差からスタートした石川遼は、この日もスコアを一つ伸ばして、通算4アンダーでホールアウト。順位こそ後退したが、首位と3打差の3位タイで決勝ラウンドに進む。

 10番スタートの石川は、出だしの3ホールでスコアを二つ落としたが、その後は4バーディを奪い、前半を2アンダーで折り返す。難易度の高いアウトこそ1バーディ、2ボギーとしたが、アンダーパーが19人の難コンディションの中で踏みとどまり、2週連続優勝を視界に捉えている。

 首位は、この日6つ伸ばして通算7アンダーとしたブラッド・ケネディ。通算5アンダーの2位に前日首位の趙珉珪。石川と同じ通算4アンダー、3位タイにJ・B・パク。通算3アンダーの5位タイにハン・スンスと2番でホールインワンを達成した文景俊。通算2アンダーの7位タイに藤本佳則、小田孔明、マイケル・ヘンドリーの3人が続く。

 金庚泰、池田勇太、岩田寛は通算1アンダー、10位タイ。宮里優作、谷原秀人は通算イーブンパーの20位タイ。リオ五輪代表の片山晋呉は通算6オーバー、78位タイで予選落ちとなっている。

 なお、上位争いをしていたS・H・キムが、アドレスの際にボールが動いたものの、そのまま打ち、視聴者からの指摘でこれが発覚したため、誤所からのプレーの措置を取らなかったことにより、過少申告で失格となった。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ