フジサンケイクラシック

国内男子

上位陣が伸び悩む中、猛チャージのB・ケネディが単独首位に!

B・ケネディ フジサンケイクラシック(2016)(2日目) 写真・佐々木啓
B・ケネディ フジサンケイクラシック(2016)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ブラッド・ケネディ -6 -7
2 趙 珉珪 E -5
3T J・B・パク -3 -4
3T 石川 遼 -1 -4
5 S・ハン -5 -3
5 文 景俊 -3 -3
7T 藤本 佳則 -2 -2
7T 小田 孔明 -6 -2
7T マイケル・ヘンドリー E -2
10T 貞方 章男 -2 -1
フジサンケイクラシック(9月1日~9月4日、山梨県・富士桜カントリー倶楽部、7524ヤード、パー71)

 フジサンケイクラシックの2日目が終了し、この日だけでスコアを6つ伸ばす猛チャージを見せたB・ケネディが単独首位に躍り出た。一方、初日に単独首位に立った趙珉珪は2バーディ、2ボギーの71と我慢の一日に。スコアが固まったままホールアウトとなり単独2位に後退した。

 2週連続優勝も視野に入った石川遼は5バーディ、4ボギーの70とアンダーパーで回るも、スコアを伸ばせず通算4アンダーの3位タイ。明日からの決勝ラウンドでの挽回を狙う。同じく3位タイとしたのはJ・B・パク。こちらは4バーディ、1ボギーの68で回り、順調にスコアを伸ばした。

 続く5位タイは通算3アンダーのS・ハン、文景俊の2人。7位タイは藤本佳則、小田孔明、M・ヘンドリーの3人で通算2アンダー。通算1アンダーの10位タイには、貞方章男、高山忠洋、池田勇太、金庚泰、中島マサオ、額賀辰徳、宮本勝昌、岩田寛、片岡大育、宋永漢の10人が並んだ。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ