フジサンケイクラシック

国内男子

前週優勝の石川遼が単独2位の好発進!

石川遼 フジサンケイクラシック(2016)(1日目) 写真・佐々木啓
石川遼 フジサンケイクラシック(2016)(1日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 趙 珉珪 -5 -5
2 石川 遼 -3 -3
3T 秋吉 翔太 -2 -2
3T S・H・キム -2 -2
3T マイケル・ヘンドリー -2 -2
3T キム・キョンテ -2 -2
3T 中島 マサオ -2 -2
8T 稲森 佑貴 -1 -1
8T 片岡 大育 -1 -1
8T 重永 亜斗夢 -1 -1
フジサンケイクラシック(9月1日~4日、山梨県・富士桜カントリー倶楽部、7524ヤード、パー71)

 フジサンケイクラシックの初日が終了し、通算5アンダーでトップに立ったのは韓国の趙珉珪。趙は出だしの2、3、4番ホールで3連続バーディを奪うなど5バーディ、ノーボギーの66で回るナイスプレーを見せ、初日を単独首位で飾る好スタートを切った。

 その趙を2打差で追うのは前週のRAIZAP KBCオーガスタで完全優勝を遂げた石川遼。石川は1番ホールでバーディスタートを決めると5番でボギーとしたものの、すぐに立ち直り、バック9で4つのバーディを奪うなど安定したプレーで5バーディ、2ボギーの68として単独2位につけた。

 続く3位タイは通算2アンダーの秋吉翔太、S・H・キム、M・ヘンドリー、金庚泰、中島マサオの5人。通算1アンダーの8位タイには稲森佑貴、片岡大育、重永亜斗夢、B・ケネディ、宋永漢、河野晃一郎、J・パグンサン、J・B・パク、宮里優作、深掘圭一郎、星野英正、近藤共弘の12人が並んだ。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ