RIZAP KBCオーガスタ

国内男子

石川遼「グリーンを外しても、アプローチとパットでしのぐことができた」

石川遼 RIZAP KBCオーガスタ(2016)(最終日) 写真・鈴木祥
石川遼 RIZAP KBCオーガスタ(2016)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 石川 遼 -3 -15
2T 高山 忠洋 -4 -10
2T マイケル・ヘンドリー -3 -10
2T ブラッド・ケネディ E -10
5T 宮本 勝昌 -5 -9
5T 藤本 佳則 -3 -9
5T 谷原 秀人 -2 -9
8 小池 一平 -1 -8
9T 小林 正則 -5 -7
9T 小林 伸太郎 -4 -7
RIZAP KBCオーガスタ(8月25日~8月28日、福岡県・芥屋ゴルフ倶楽部、7151ヤード、パー72)

主な選手の最終日コメント

石川遼(1位、5バーディ、2ボギーの69、通算15アンダー)
「自分のスイングの軸はリズム。ミスショットをしてもリズムを直せばよくなると思っていた。スコアに直結するような大きなミスはしていませんでしたが、グリーンを外してもアプローチとパットでしのげました。ショットだけでは勝てなかったですね。今週は優勝をするということも大事でしたが、試合で思い切り振っていって、痛みが出ないのか、振っても大丈夫なのか確かめることが大事だった。優勝と同じぐらい大事だった。発症したときのような痛みはありません。(復帰後2戦目での優勝は)早かったですね」

高山忠洋(2位タイ、7バーディ、3ボギーの68、通算10アンダー)
「簡単には勝たせないような位置でいければと思いましたが、それができなくて悔しいですね。(中断後は)風がくせ者で、どこで吹いてるかわかりませんでした。(グリーンは)目と傾斜が反対になっていたり、技術というより自分を信じられなかったという感じです」

宮本勝昌(5位タイ、5バーディ、ノーボギーの67、通算9アンダー)
「イ ボミさんみたいに優勝して誕生日をお祝いしたかったです。とはいえ、今週はドライバーの飛距離が出てくれたので助かりました。次週以降はANAの前が一週空くとはいえ、日本シリーズまで連戦が続くので、最後までケガなく、いいゴルフができるように日々の生活を摂生していきたいと思います」

藤本佳則(5位タイ、5バーディ、2ボギーの69、通算9アンダー)
「ショットはずっとよくなかったのですが、成績はまぁまぁでした。あとはショット次第です。この4日間の調子はまったくよくなかったですね。何かいいきっかけが見つかれば、もうちょっと気持ちよくゴルフができるかなと。でも意外とアプローチとパターが効いてくれたので、この順位にいれるのかなと思いました」

小田龍一(40位タイ、ノーバーディ、7ボギー、1ダブルボギーの81、通算1アンダー)
「流れを止められなかったです。自分で悪い流れになってしまい、我慢ができなかったです。どっちらかというとパットが崩れました。ショットはそれほど悪くなく普通に振れてはいましたが、だんだんと弱気になっていた自分がいて……。今日はそんな1日でした」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ