ISPSハンダグローバルカップ

国内男子

宮本勝昌「アルバトロスは7番アイアンの会心のショット」

宮本勝昌 ISPSハンダグローバルカップ(2016)(1日目) 写真・佐々木啓
宮本勝昌 ISPSハンダグローバルカップ(2016)(1日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 朴 相賢 -8 -8
2 P・スワンガルンポーン -7 -7
3 E・グリジョ -6 -6
4T タンヤコン・クロンパ -5 -5
4T マシュー・グリフィン -5 -5
4T 沖野 克文 -5 -5
4T 池田 勇太 -5 -5
4T 塚田 陽亮 -5 -5
4T パドレグ・ハリントン -5 -5
4T 藤田 寛之 -5 -5
ISPSハンダグローバルカップ(6月23日~6月26日、石川県・朱鷺の台カントリークラブ6855ヤード、パー71)

主な選手の初日コメント

朴相賢(1位、1イーグル、6バーディ、ノーボギーの63、通算8アンダー)
「最近は調子がいいですね。日本でも韓国でも成績がいいので、その流れでプレーできていると思います。韓国では優勝経験がありますが、日本ではまだないので、近いうちに勝てればと思っています。プレーには自信を持っているので、チャンスがあれば狙いたいですね」

E・グリジョ(3位、1イーグル、4バーディ、ノーボギーの65、通算6アンダー)
「4番のイーグルは距離のないパー4なので、ドライバーでグリーン手前、20ヤードぐらいのところにつけました。そこから真っすぐなアプローチが入っての、パーフェクトなチップインイーグルでした。まだ3日間あるので、今日は無理せずプレーすることを考えていました」

池田勇太(4位タイ、6バーディ、1ボギーの66、通算5アンダー)
「今日は午前中、ちょっとショットがバラついただけで、あとはそんなに悪くなかったです。もう少し練習が必要ですね。(前週と比べて)グリーンが小さいので、乗っておけばバーディチャンスにつくのかなと思います。明日からはもうちょっと頑張ります」

塚田陽亮(4位タイ、6バーディ、1ボギーの66、通算5アンダー)
「今日はメンバーがよかった。同伴者に恵まれましたね(藤本佳則、V・デュビッソン)。出だしでいきなり3人同時にバーディスタートでしたから。2週間前に目標だった優勝が達成できたので、これから新たなスタートが切れたと思います」

宮本勝昌(4位タイ、1アルバトロス、5バーディ、3ボギーの66、通算5アンダー)
「16番のアルバトロスは192ヤード、7番アイアンの会心のショットでした。ここまで流れがよくなかったのが、一気によくなりました。ボギーが続いて流れが悪かったですが、待っていたら大きいのがきました。釣りみたいです」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ