関西オープンゴルフ選手権競技

国内男子

川村昌弘「育ったコースとイメージが似ているので気持ちよくプレーできている」

川村昌弘 関西オープンゴルフ選手権競技(2016)(2日目) 写真・鈴木祥
川村昌弘 関西オープンゴルフ選手権競技(2016)(2日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 スコット・ストレンジ -6 -9
2 朴 ジュンウォン E -5
3T 川村 昌弘 -2 -4
3T 薗田 峻輔 -1 -4
5T 宮里 優作 -1 -3
5T 星野 英正 -3 -3
5T 近藤 智弘 -1 -3
5T 手嶋 多一 E -3
5T 塚田 陽亮 -4 -3
5T 趙 炳旻 -1 -3
関西オープンゴルフ選手権(5月19日~5月22日、和歌山県・橋本カントリークラブ、7120ヤード、パー71)

主な選手の2日目コメント。

<コメント集>
S・ストレンジ(1位、7バーディ、1ボギーの65、通算9アンダー)
「今日はチップインバーディや長いパットが決まったりと、ラッキーな1日でした。いきなる10番でバウンドしてピンに寄ってバーディと、いいスタートを切れました。残りの2日は何が起きるかわからないので、最終日のバックナインに入ってその位置にいられたら、優勝を狙いたいと思っています」

川村昌弘(3位タイ、1イーグル、3バーディ、3ボギーの69、通算4アンダー)
「調子はいいです。今年は、こうしていればいいという自分の基準ができて、ずっと心がけているので、ショットに対する割り切りがよくなったと思います。ボクが育ったコースとイメージが似ているので、ほかの選手ほどの戸惑いはなく、気持ちよくプレーできています」

薗田峻輔(3位タイ、1バーディ、ノーボギーの70、通算4アンダー)
「疲れました(笑)。なかなか簡単にチャンスにつけられるコースではありませんが、ノーボギーでラウンドできたので、今日はよかったと思います。目の前の一打一打に神経を使うのでコースもよく覚えていないほどですが、それだけうまく集中できていると思っています」

宮里優作(5位タイ、3バーディ、2ボギーの70、通算3アンダー)
「風のない間に前半を回ることができたので、すごくいいリズムでラウンドすることができました。後半はティショットがラフにいってしまうことが多く、なかなかバーディチャンスにつけることができませんでした。一歩間違えると痛い目に遭うホールが結構あるので、明日からも丁寧に攻めていきたいです」

片岡大育(11位タイ、1バーディ、3ボギーの73、通算2アンダー、) ※前年度優勝者
「今日はガンガン攻めようと思っていましたが、ショットはいい感じで打てていたにもかかわらず、微風に悩まされて安全なところに置きにいってしまいました。ショットの調子はいいので、明日からはもっとピンをデッドに狙っていきたいと思います」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ