パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ

国内男子

永野竜太郎が国内ツアー開幕から2週連続で首位発進!

永野竜太郎 パナソニックオープンチャンピオンシップ(2016)(1日目) 写真・村上航
永野竜太郎 パナソニックオープンチャンピオンシップ(2016)(1日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 永野 竜太郎 -6 -6
2 ジェイソン・クヌートン -5 -5
3T 朴 相賢 -4 -4
3T 星野 英正 -4 -4
3T チャプチャイ・ニラト -4 -4
3T 呉 阿順 -4 -4
3T 矢野 東 -4 -4
3T 池田 勇太 -4 -4
9T P・ピッタヤラット -3 -3
9T シブ・カプール -3 -3
パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ(4月21日~4月24日、千葉県・千葉カントリークラブ 梅郷コース、7130ヤード、パー71)

 3年ぶりの開催となった「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ2016」がついに開幕した。

 午後から強風、そして雨へと荒れた天候の中、単独首位で初日を終えたのは、6バーディ、ノーボギーの65という好スコアをたたき出した永野竜太郎。先週の「東建ホームメイトカップ」でも初日を首位とした永野は、国内ツアー開幕から2週連続で初日首位という好調ぶりだ。しかもこの記録は、日本ゴルフツアー機構に資料が残る1985年以降、初めてのことだという。地元・熊本県を襲った地震災害により心配事も多い中「逆に集中できるというか、心配事はありますけど、自分はゴルフで上位にいって、少しでも頑張ってるところを届けることしかできないので、いいスコアを出すことに集中できているんだと思います」と自身の思いを語った。

 単独2位は2014年の「アジアパシフィックオープンダイヤモンドカップ」で2位タイの成績を挙げたJ・クヌートン。

 続く3位タイには朴相賢、星野英正、C・ニラト、呉阿順、矢野東、池田勇太の6人が、首位と2打差の4アンダーで並んだ。


<初日結果>
1位  永野竜太郎(-6、通算-6)
2位  J・クヌートン(-5、通算-5)
3位T 朴相賢(-4、通算-4)
3位T 星野英正(-4、通算-4)
3位T C・ニラト(-4、通算-4)
3位T 呉阿順(-4、通算-4)
3位T 矢野東(-4、通算-4)
3位T 池田勇太(-4、通算-4)
9位T 山下和宏(-3、通算-3)
9位T 貞方章男(-3、通算-3)ほか2人

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ