カシオワールドオープンゴルフトーナメント

国内男子

1試合を残し金庚泰が賞金王戴冠! 来季シード権も確定

二度目の賞金王の座に輝いた金庚泰 カシオワールドオープン(2015)(最終日) 写真・鈴木祥
二度目の賞金王の座に輝いた金庚泰 カシオワールドオープン(2015)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 黄 重坤 -6 -15
2 石川 遼 -4 -14
3 片山 晋呉 -4 -11
4T 永野 竜太郎 -7 -10
4T 藤本 佳則 -5 -10
6T 谷原 秀人 -3 -9
6T ブレンダン・ジョーンズ E -9
8 チェ・ホソン -3 -8
9T 手嶋 多一 -6 -7
9T 呉 阿順 -4 -7
カシオワールドオープンゴルフトーナメント(11月26日~29日、高知県・Kochi黒潮CC、7315ヤード、パー72)

 金庚泰が2010年以来、二度目の賞金王に輝いた。残り二戦を連勝すれば逆転の可能性があった池田勇太と宮里優作の二人が優勝を逃した時点で、金の賞金王が決定した。

 今月初旬に行われたWGC-HSBCチャンピオンズから体調を崩した金。帰国直後の三井住友VISA太平洋マスターズはプロアマ戦を欠場したために、本戦も出場ならず。先週のダンロップフェニックスこそ9位タイで終えたが、今週に入っても疲労感たっぷりの様子だった。それでも無事に予選を通過し、31位タイに入り一息ついた。

「最近は自分の調子がよくなかったので、ここで決まってよかったです。今年の初めは目標とかはありませんでしたが、5年前に賞金王を取ったときよりも自分のゴルフはよくなっています。これからもいける感じがしました。今年は本当によかったです」

 米ツアーを意識して飛距離を求めるなど、スイング改造に取り組んだのが裏目に出た。スランプに陥ったが、今年は6月以降で5勝。見事に強い自分を取り戻した。

「ゴルフをやっている以上は米ツアーに行きたいと思います。毎年チャンスがあるわけではありません。今がチャンスだと思います。来年は積極的に海外の試合にも出場したいです」

 賞金王が決定する中、熾烈な賞金シード争いも幕を閉じた。62位までの第1シード、63~78位までの第2シードのうち、初シードは今平周吾(24位)、W・J・リー(35位)、堀川未来夢(41位)、小林伸太郎(63位)ら9人。逆にデービッド・スメイル(80位)、塚田好宣(81位)、丸山大輔(84位)、上井邦裕(98位)らが賞金シードを失った。

 また、今大会の結果により、来週開催される最終戦・ゴルフ日本シリーズJTカップの出場30人も決まった。今年の優勝者、賞金ランキング上位者のみ出場が許される同大会。いよいよ男子ツアーが大詰めを迎える。

文・高桑均

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ