カシオワールドオープンゴルフトーナメント

国内男子

石川遼、痛恨の逆転負け! 黄重坤が最終ホールのイーグルで今季初優勝

最終ホールでイーグルを奪い今季初優勝を飾った黄重坤 カシオワールドオープン(2015)(最終日) 写真・鈴木祥
最終ホールでイーグルを奪い今季初優勝を飾った黄重坤 カシオワールドオープン(2015)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 黄 重坤 -6 -15
2 石川 遼 -4 -14
3 片山 晋呉 -4 -11
4T 永野 竜太郎 -7 -10
4T 藤本 佳則 -5 -10
6T 谷原 秀人 -3 -9
6T ブレンダン・ジョーンズ E -9
8 チェ・ホソン -3 -8
9T 手嶋 多一 -6 -7
9T 呉 阿順 -4 -7
カシオワールドオープンゴルフトーナメント(11月26日~29日、高知県・Kochi黒潮CC、7315ヤード、パー72)

 劇的な幕切れだった。石川遼、黄重坤(韓国)ともに13アンダーで並んで迎えた18番パー5。バーディとした石川に対し、見事に3メートル弱のイーグルパットを沈めた黄。土壇場で石川を振り切り今季初優勝、ツアー通算3勝目を飾った。

 2位に1打差のトップで出た石川は、3打差に引き離してハーフターン。しかし、12番パー4でティショットのOBが響きダブルボギー。14番でもボギーとして首位の座を明け渡した。17番のバーディで再び首位に並んだものの、終わってみれば痛恨の逆転負け。今季2勝目がスルリと逃げた。

 3位には通算11アンダーの片山晋呉。7アンダーとこの日のベストスコアをマークした永野竜太郎が、藤本佳則と並び通算10アンダーで4位タイに入った。

 また、池田勇太は通算6アンダーの12位タイ、宮里優作は通算4アンダーの27位タイ。賞金王の可能性があった二人が優勝を逃したことから、この試合で金庚泰の二度目の賞金王が決定した。


このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ