カシオワールドオープンゴルフトーナメント

国内男子

石川遼が独走の裏で次週のQT行きが決定した選手たち

優勝に向けてアイアンの精度を上げたいという石川遼 カシオワールドオープン(2015)(2日目) 写真・鈴木祥
優勝に向けてアイアンの精度を上げたいという石川遼 カシオワールドオープン(2015)(2日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 石川 遼 -7 -11
2 黄 重坤 -5 -7
3 小田 孔明 -6 -6
4T チェ・ホソン -5 -5
4T ブレンダン・ジョーンズ -5 -5
4T アダム・ブランド -5 -5
7T 片山 晋呉 -4 -4
7T 谷原 秀人 -1 -4
9T 秋吉 翔太 -1 -3
9T 浅地 洋佑 -1 -3
カシオワールドオープンゴルフトーナメント(11月26日~29日、高知県・Kochi黒潮CC、7315ヤード、パー72)

 大会2日目、石川遼が猛チャージを見せた。前日も4アンダー、2位タイと結果こそ出したが、納得のゴルフではなかった。アイアンのフィーリングがこの何か月かイメージと違ったという石川。それがこの日は「10か20パーセントよくなった」と快進撃。7バーディを奪い、2日間連続のノーボギーラウンド。通算11アンダーで2位に4打差をつけてトップに立った。

 出だしの1番をバーディスタート。その後も順調にスコアを伸ばした。唯一といえるピンチは17番パー4。ティショットをバンカーに入れると、2打目はグリーン手前のラフへ。そこからのアプローチが寄り切らない。しかし約4メートルのパーパットを沈めると、上がりの18番でバーディを奪取。今季2勝目をグッと近づけている。

「アイアンにはまだ少し不安がありますが、大きなミスはなかったという感じです。ショートアイアンで今の4、5メートルにつけるのをもう半分くらいの距離にしたいです。あとはリカバリーが真骨頂なので、アプローチに負担はかかりますけど、成功すれば『よし』という感じになっていけます」

 2日間でボギーが何よりの証拠。きわどいパーを拾い、バーディチャンスをものにする。ここからさらにアイアンの精度が上がれば、本大会初制覇はおのずと見えてきそうだ。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ