カシオワールドオープンゴルフトーナメント

国内男子

石川遼がチャージ! 2位に4打差をつけ首位に浮上

2位に4打差をつけて首位に浮上した石川遼 カシオワールドオープン(2015)(2日目) 写真・鈴木祥
2位に4打差をつけて首位に浮上した石川遼 カシオワールドオープン(2015)(2日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 石川 遼 -7 -11
2 黄 重坤 -5 -7
3 小田 孔明 -6 -6
4T チェ・ホソン -5 -5
4T ブレンダン・ジョーンズ -5 -5
4T アダム・ブランド -5 -5
7T 片山 晋呉 -4 -4
7T 谷原 秀人 -1 -4
9T 秋吉 翔太 -1 -3
9T 浅地 洋佑 -1 -3
カシオワールドオープンゴルフトーナメント(11月26日~29日、高知県・Kochi黒潮CC、7315ヤード、パー72)

 賞金シード争いの最終決戦となるカシオワールドオープン2日目。まずは優勝争いだが、ホストプロの石川遼が7バーディ、ノーボギーとチャージ。前日の2位タイから、2位に4打差をつける首位へ一気に躍り出た。単独2位にはこの日5アンダーをマークし、通算7アンダーとした黄 重坤(韓国)。通算6アンダーの3位には、昨年の賞金王・小田孔明が浮上している。初日トップに立った平塚哲二は、この日2オーバーとスコアを崩し、通算3アンダーの9位タイに後退した。

 また、賞金シード争いだが、今野康晴、塚田好宣、丸山大輔、上井邦裕の4人が予選落ちのためシード権を失っている。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ