ダンロップフェニックストーナメント

国内男子

宮里優作が逃げ切り今季初優勝! 松山英樹は猛追及ばず2位タイで終了

2打差で逃げ切って今季初優勝を挙げた宮里優作 ダンロップフェニックス(2015)(最終日) 写真・村上航
2打差で逃げ切って今季初優勝を挙げた宮里優作 ダンロップフェニックス(2015)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 宮里 優作 -2 -14
2T 松山 英樹 -4 -12
2T 藤本 佳則 -2 -12
4T 今平 周吾 -3 -11
4T 近藤 智弘 -3 -11
4T 黄 重坤 -5 -11
7T ウィル・ウィルコックス -5 -10
7T タンヤコン・クロンパ -3 -10
9T ダニー・リー -3 -9
9T キム・キョンテ -1 -9
ダンロップフェニックストーナメント(11月19日~22日、宮崎県・フェニックスCC、7027ヤード、パー71)

 大会最終日。単独首位から出た宮里優作が通算14アンダーで、2位に2打差をつけて逃げ切り今季初優勝。ツアー通算3勝目を挙げた。連覇を狙った松山英樹は67で回り、通算12アンダーと2打及ばずに2位タイで終わった。

 2打差の単独首位からスタートした宮里優作は、出だし1番でボギーが先行、4番もボギーとスコアを落として後続に並ばれたものの、7番でようやくバーディを奪い、前半を1オーバー。後半は10番のバーディで抜けだし、13番、16番とバーディを重ねて、4バーディ、2ボギーの69でホールアウト。通算14アンダーで2位に2打差をつけて逃げ切り、今季初優勝。昨年4月の東建ホームメイトカップ以来となるツアー通算3勝目を飾った。

 4打差の4位タイから逆転で大会連覇を狙ったホストプロの松山英樹は、2番、3番と連続ボギーで序盤につまづいたものの、続く4番と7番のバーディでイーブンに戻し、後半は2バーディのあと最終18番で2日連続のイーグルフィニッシュ。1イーグル、4バーディ、2ボギーの67。通算12アンダーで2打及ばずに2位タイに終わった。

 2位から出た藤本佳則は、一時は首位の宮里に並んだものの、3バーディ、1ボギーの69。通算12アンダーで松山と並んで2位タイ。通算11アンダーの4位タイに近藤共弘、今平周吾、黄 重坤(韓国)の3人が入った。

 石川遼は、2バーディ、5ボギーの74と最終日も伸ばせず、通算3オーバーの52位タイと不本意な成績で大会をあとにした。

 今大会で優勝すれば賞金王決定の金 庚泰(韓国)は、3バーディ、2ボギーの70で回り、通算9アンダーの9位タイ。逆転賞金王を狙う池田勇太は、9番パー4でダブルパーの8をたたくなど78と崩れ、通算1アンダーの34位タイに終わった。この結果、池田は残り2戦を連勝するしか賞金王の可能性はなくなった。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング