ダンロップフェニックストーナメント

国内男子

松山英樹が11位タイに浮上! 首位は藤本佳則とT・クロンパの7アンダー

66の好スコアをマークして首位タイに浮上した藤本佳則 ダンロップフェニックス(2015)(2日目) 写真・村上航
66の好スコアをマークして首位タイに浮上した藤本佳則 ダンロップフェニックス(2015)(2日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 藤本 佳則 -5 -7
1T タンヤコン・クロンパ -5 -7
3 竹谷 佳孝 E -6
4T 額賀 辰徳 -2 -5
4T 池田 勇太 -2 -5
4T 宮里 優作 -1 -5
4T 丸山 大輔 -4 -5
4T キム・キョンテ -6 -5
4T 宮本 勝昌 -5 -5
4T 張 棟圭 -3 -5
ダンロップフェニックストーナメント(11月19日~22日、宮崎県・フェニックスCC、7027ヤード、パー71)

 大会2日目。連覇を目指す松山英樹は68で回り、通算4アンダーの11位タイに浮上。この日66をマークした藤本佳則とタンヤコン・クロンパ(タイ)が通算7アンダーの首位に並んだ。29位タイの石川遼は73と伸ばせず、通算2オーバーの47位タイに後退した。

 大会ホストプロで連覇を狙う松山英樹。17位タイからスタートし、1番でバーディを奪うと前半を3アンダー、後半も一つ伸ばして5バーディ、2ボギーの68。通算4アンダーの4位タイに浮上した。

 単独首位から出た竹谷佳孝は、3バーディ、3ボギーの71とスコアを伸ばせず、通算6アンダーの3位に後退。

 8位タイからスタートした藤本佳則が前半を7バーディ、2ボギーで5つ伸ばし、、後半は1バーディ、1ボギーで回って66をマーク。通算7アンダーの首位タイに浮上。同じく8位タイから出たタンヤコン・クロンパも66と5つ伸ばして、首位タイに並んだ。

 2位の宮里優作は3バーディ、2ボギーの70とスコアを一つ伸ばしただけで、通算5アンダーの4位タイに後退。池田勇太、この日65をマークした金 庚泰(韓国)、宮本勝昌ら7人が4位タイに並んでいる。

 29位タイから巻き返しを狙った石川遼は、前半でダブルボギーを二つたたくなど、4バーディ、2ボギー、2ダブルボギーの73と二つスコアを落とし、通算2オーバーの47位タイに後退した。

 海外組は、ダニー・リー(ニュージーランド)が通算3アンダーの14位タイ。ウィル・ウィルコックスが通算2アンダーで23位タイ。トニー・フィノーは通算3オーバーの55位タイで予選を通過したが、ジミー・ウォーカーと欧州ツアー4勝のマテオ・マナセロ(イタリア)は通算5オーバーの66位タイで決勝ラウンドへ進めなかった。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング