三井住友VISA太平洋マスターズ

国内男子

片山晋呉が単独首位! B・ワトソンは2打差の3位に後退

苦手な雨天のラウンドで3位に後退したバッバ・ワトソン 三井住友VISA太平洋マスターズ(2015)(3日目) 写真・佐々木啓
苦手な雨天のラウンドで3位に後退したバッバ・ワトソン 三井住友VISA太平洋マスターズ(2015)(3日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 片山 晋呉 -2 -14
2 タンヤコン・クロンパ -1 -13
3 バッバ・ワトソン E -12
4T 稲森 佑貴 -5 -11
4T I・J・ジャン -4 -11
4T 武藤 俊憲 E -11
4T 宮里 優作 E -11
8T 藤本 佳則 -5 -10
8T 黄 重坤 -5 -10
8T 小田 孔明 -4 -10
三井住友VISA太平洋マスターズ(11月12日~15日、静岡県・太平洋クラブ御殿場C、7246ヤード、パー72)

 大会3日目。首位タイから出たバッバ・ワトソン(米国)は72とスコアを伸ばせず、通算12アンダーの3位に後退。同じく首位タイスタートの片山晋呉が通算14アンダーの単独首位に浮上した。石川遼は通算6アンダーの24位タイ。

 首位タイに並んでスタートした最終組の3人。バッバ・ワトソンは2バーディ、2ボギーの72とスコアを伸ばせず、通算12アンダーの単独3位に後退。タンヤコン・クロンパ(タイ)も71で回り、通算13アンダーの単独2位。

 片山晋呉は3バーディ、1ボギーの70で回り、スコアを二つ伸ばして通算14アンダーの単独首位。昨年のカシオワールドオープン以来のツアー通算29勝目、今大会は7年ぶりとなる2回目の優勝に王手をかけた。

 15位タイから出た稲森佑貴が5バーディ、ノーボギーの67をマークして、通算11アンダーの4位タイに浮上。宮里優作、武藤俊憲、I・J・ジャン(韓国)が同じく4位タイに並んだ。

 通算10アンダーの8位タイには小田孔明、藤本佳則と黄 重坤、朴 相賢の韓国勢。2週連続優勝を狙う谷原秀人は、2バーディ、2ボギーの72と伸ばせず、通算7アンダーの17位。

 29位タイの石川遼は、3バーディ、1ボギーの70で回り、通算6アンダーの24位タイで最終日へ進んだ。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ