三井住友VISA太平洋マスターズ

国内男子

B・ワトソンが9アンダーの単独首位! 石川遼は11位タイ

初日を9アンダーの単独首位で好スタートを切ったバッバ・ワトソン 三井住友VISA太平洋マスターズ(2015)(1日目) 写真・佐々木啓
初日を9アンダーの単独首位で好スタートを切ったバッバ・ワトソン 三井住友VISA太平洋マスターズ(2015)(1日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 バッバ・ワトソン -9 -9
2 片山 晋呉 -8 -8
3 タンヤコン・クロンパ -7 -7
4T 宮里 優作 -6 -6
4T 小田 龍一 -6 -6
6T プラヤド・マークセン -5 -5
6T 武藤 俊憲 -5 -5
6T 竹谷 佳孝 -5 -5
6T 宮本 勝昌 -5 -5
6T 横田 真一 -5 -5
三井住友VISA太平洋マスターズ(11月12日~15日、静岡県・太平洋クラブ御殿場C、7246ヤード、パー72)

 第43回三井住友VISA太平洋マスターズが開幕。初日は9アンダーの63をマークしたバッバ・ワトソン(米国)が単独首位に立った。同組で回る石川遼は4アンダーの11位タイ。片山晋呉が8アンダーの単独2位につけた。

 バッバ・ワトソンが初日から好発進を決めた。インの11番、12番を連続バーディでスタートすると前半を4バーディで折り返し、後半の3番で5つ目のバーディ。続く4番でボギーをたたいたものの、5番パー4でイーグルを奪うと6番からは3連続バーディ。1イーグル、8バーディ、1ボギーの63をまーくして9アンダーの単独首位に立った。

 ワトソンと同じ組で回る石川遼は、出入りの激しいゴルフとなった前半をイーブンで折り返すと後半は4バーディを奪い、7バーディ、3ボギーの68。4アンダーの11位タイとまずまずのスタート。

 片山晋呉が1イーグル、6バーディの64をマークして8アンダーの単独2位。7アンダーのタンヤコン・クロンパ(タイ)が単独3位。宮里優作、小田龍一が6アンダーの4位タイに並んだ。

 武藤俊憲、宮本勝昌ら5人が5アンダーの6位タイ、石川と同じ4アンダーの11位タイには小田孔明、近藤共弘、星野英正など8人が並んでいる。

 昨年の大会で、プロ11年目でツアー初優勝を果たしたデービッド・オー(米国)は、1バーディ、5ボギーの78、6オーバーの81位タイと大き出遅れた。

 先週のHEIWA・PGM CHAMPIONSHIPを制し、2週連続優勝を狙う谷原秀人は3バーディ、1ボギーの70で回り、2アンダーの35位タイ。現在賞金ランキング2位の池田勇太も同じく35位タイで初日をスタートした。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ