マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント

国内男子

金 庚泰が単独首位! 稲森佑貴ら4人が1打差の2位タイ

念願のツアー初優勝に向けて初日を1打差の2位タイでスタートした稲森佑貴 マイナビABCチャンピオンシップ(2015)(1日目) 写真・佐々木啓
念願のツアー初優勝に向けて初日を1打差の2位タイでスタートした稲森佑貴 マイナビABCチャンピオンシップ(2015)(1日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・キョンテ -5 -5
2T 稲森 佑貴 -4 -4
2T H・W・リュー -4 -4
2T 張 棟圭 -4 -4
2T 黄 重坤 -4 -4
6T 呉 阿順 -3 -3
6T 高山 忠洋 -3 -3
8T 朴 相賢 -2 -2
8T 宮里 聖志 -2 -2
8T 宮本 勝昌 -2 -2
マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント(10月29日~11月1日、兵庫県・ABCGC、7130ヤード、パー71)

 マイナビABCチャンピオンシップが開幕。初日は現在賞金レースのトップに立つ金 庚泰(韓国)が5アンダーの単独首位に立った。先週2位タイに入るなど好調な若手21歳の稲森佑貴が1打差の2位タイにつけた。前年度優勝の小田龍一は3オーバーの58位タイと出遅れた。

 現在賞金ランキングで2位の池田勇太に4000万円以上の差をつけて首位を走る金 庚泰が今季5勝目に向けた好スタート。1番、2番を連続バーディで発進、前半を4アンダーで折り返し、後半も2バーディ、1ボギーでスコアを伸ばし、6バーディ、1ボギーの66。2位に1打差の5アンダーで単独首位に立った。

 前週は最終日まで優勝争いに加わり、惜しくも2位タイになった稲森佑貴が4バーディ、ノーボギーの67で回り、4アンダーの2位タイと好調ぶりを見せた。同じく2位タイに張 棟圭、黄 重坤、、H・W・リューの韓国勢が並んだ。

 高山忠洋、呉 阿順(中国)が3アンダーの6位タイ。2アンダーの8位タイには手嶋多一、谷口徹、宮本勝昌のベテラン勢や武藤俊憲、宮里聖志など9人が並んでいる。

 前週逆転優勝を挙げた松村道央は2バーディ、2ボギーの71で回り、イーブンパーの23位タイ。稲森とともに2位タイと健闘した堀川未来夢は2オーバーの45位タイで初日を終えた。

 ディフェンディングチャンピオンの小田龍一は1バーディ、4ボギーの74、3オーバーの58位タイ。大会ホストプロの矢野東と井上信は、ともに75で4オーバーの69位タイと出遅れた。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング