トップ杯東海クラシック

国内男子

金亨成がプレーオフを制して今季初優勝! 石川遼は後半伸ばせず6位タイで終了

昨年の中日クラウンズに続き、ツアー通算4勝目を挙げた金亨成 トップ杯東海クラシック(2015)(最終日) 写真・鈴木祥
昨年の中日クラウンズに続き、ツアー通算4勝目を挙げた金亨成 トップ杯東海クラシック(2015)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・ヒョンソン -6 -12
2 片山 晋呉 -5 -12
3T 朴 相賢 -3 -10
3T 池田 勇太 -2 -10
5 小田 龍一 -3 -9
6T 川村 昌弘 -6 -8
6T 石川 遼 -1 -8
6T S・H・ベク E -8
9 高山 忠洋 -1 -7
10T 宮里 優作 -5 -6
トップ杯東海クラシック(10月1日~4日、愛知県・三好CC西C、7315ヤード、パー72)

 大会最終日。通算12アンダーで並んだ金亨成(韓国)と片山晋呉によるプレーオフに突入。2ホール目でバーディを奪った金が片山を下し、今季初優勝を決めた。期待された石川遼は通算8アンダーの6位タイに終わった。

 首位タイから出た最終組の池田勇太が2番パー5でイーグル発進を決め、続く3番、5番をバーディと序盤で混戦から抜け出すと、7番でボギーをたたいたものの、前半で3つ伸ばして通算11アンダー。2位以下に2打差をつけてこのまま逃げ切るかと思われたが、後半は一転、バーディを奪えずに18番のボギーで通算10アンダーの3位タイに終わった。

 1打差の3位タイ、一つ前の組からスタートした石川遼は、1番、2番を連続バーディを奪い、一時首位に立ったものの、続く3番でボギーをたたくと11番まではパーセーブが続き、後半も3バーディ、3ボギーと伸ばせず71。通算8アンダーの6位タイに沈んだ。

 6位タイから出た金亨成が、3番でボギーが先行したものの、5番、6番の連続バーディで前半一つ伸ばすと、後半は5バーディの猛チャージで、7バーディ、1ボギーの66をマークして、通算12アンダーで先にホールアウト。

 池田と同じ最終組で1打差から出た片山晋呉は、3番、8番と前半で二つ伸ばし、後半も10番から3連続バーディを奪い、ノーボギーのラウンドで67。通算12アンダーで金と首位に並んでホールアウトし、戦いは二人のプレーオフへ持ち込まれた。

 18番パー4の繰り返しで行われたプレーオフ1ホール目は両者パー。続く2ホール目で片山は2オンできず、チャンスにつけた金がバーディパットを沈めて決着。金が今季初優勝、昨年の中日クラウンズ以来のツアー通算4勝目を挙げた。

 朴相賢(韓国)が通算10アンダーで池田と並んで3位タイ。通算9アンダーの5位に小田龍一、石川と並ぶ通算8アンダーの6位タイには川村昌弘とS・H・ベクが入った。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ