トップ杯東海クラシック

国内男子

池田勇太が首位タイに浮上! 石川遼は1打差の3位タイ、上位は大混戦

大混戦となった最終日、1打差からの逆転優勝を狙う石川遼 トップ杯東海クラシック(2015)(3日目) 写真・鈴木祥
大混戦となった最終日、1打差からの逆転優勝を狙う石川遼 トップ杯東海クラシック(2015)(3日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 池田 勇太 -4 -8
1T S・H・ベク -2 -8
3T 片山 晋呉 -2 -7
3T 石川 遼 -1 -7
3T 朴 相賢 +1 -7
6T 高山 忠洋 -4 -6
6T キム・ヒョンソン -3 -6
6T 小田 龍一 -3 -6
9 プラヤド・マークセン E -5
10T 重永 亜斗夢 -1 -4
トップ杯東海クラシック(10月1日~4日、愛知県・三好CC西C、7315ヤード、パー72)

 大会3日目。7位タイから出た池田勇太が68をマークして、通算8アンダーでS・H・ベク(韓国)と並ぶ首位タイに浮上した。石川遼は71で回り、片山晋呉、朴相賢(韓国)と並んで通算7アンダーの3位タイ。首位から2打差に8人がひしめく大混戦となった。

 4アンダーの7位タイからスタートした池田勇太が5バーディ、1ボギーの68をマークして、通算8アンダーの首位タイに浮上。RIZAP KBCオーガスタに次ぐ今季2勝目に王手をかけた。

 2位タイから出たS・H・ベクも70で回り、通算8アンダーの首位タイ。単独首位からスタートした朴相賢は17番のダブルボギーが響いて73、スコアを一つ落として通算7アンダーの3位タイに後退した。

 2打差2位タイの石川遼は、2番でバーディが先行、8番ボギー、9番のバーディでスコアを一つ伸ばして前半折り返すと、後半は14番ボギーのあと15番でバーディを奪い、一つスコアを伸ばして71でホールアウト。通算7アンダーで3位タイに後退したものの、首位とは1打差となって最終日を迎える。

 初日の首位から2日目に4位タイに後退した片山晋呉が、3バーディ、1ボギーの70でスコアを二つ伸ばし、石川と並んで通算7アンダーの3位タイに浮上した。

 通算6アンダーの6位タイに高山忠洋、小田龍一、金亨成(韓国)の3人が並び、通算5アンダーの9位にプラヤド・マークセン(タイ)。さらに通算4アンダーの10位タイに片岡大育と重永亜斗夢の二人が並び、上位は大混戦で最終日を迎える。

 4位タイから出た小田孔明は82をたたき、通算5オーバーの55位タイと大きく順位を下げた。ディフェンディングチャンピオンのS・H・キム(韓国)は通算4オーバーの44位タイで3日目を終えた。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ