トップ杯東海クラシック

国内男子

石川遼が2位タイに浮上! 首位は朴相賢、片山晋呉は4位タイに後退

初日の3位タイから2位タイに浮上、優勝を射程圏内にとらえた石川遼 トップ杯東海クラシック(2015)(2日目) 写真・鈴木祥
初日の3位タイから2位タイに浮上、優勝を射程圏内にとらえた石川遼 トップ杯東海クラシック(2015)(2日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 朴 相賢 -3 -8
2T 石川 遼 -2 -6
2T S・H・ベク -3 -6
4T 小田 孔明 -2 -5
4T 片山 晋呉 +2 -5
4T プラヤド・マークセン -2 -5
7T 川村 昌弘 -3 -4
7T 池田 勇太 -2 -4
7T 片岡 大育 -3 -4
10T 小田 龍一 +1 -3
トップ杯東海クラシック(10月1日~4日、愛知県・三好CC西C、7315ヤード、パー72)

 大会2日目。3位タイの石川遼は70で回り、通算6アンダーの2位タイに浮上。単独首位の片山晋呉は通算5アンダーの4位タイに後退、2位から出た朴相賢(韓国)が69と3つ伸ばして通算8アンダーの単独首位に浮上した。

 首位に3打差の3位タイから出た石川遼は、1番、2番と連続バーディでスタートしたものの、続く3番、4番で連続ボギーをたたき、前半は3バーディ、3ボギーのイーブンと伸ばせなかったが、後半は12番、15番とバーディを奪って70でホールアウト。通算6アンダーで首位に2打差の2位タイに浮上した。

 2位の朴相賢が5バーディ、2ボギーの69で回り、スコアを3つ伸ばして通算8アンダーの単独首位に立った。同じ韓国出身のS・H・ベクが通算6アンダーで石川と並んで2位タイにつけている。

 初日7アンダーの単独首位に立った片山晋呉は、3バーディ、5ボギーの74とスコアを二つ落とし、通算5アンダーの4位タイに後退。70で回った小田孔明とプラヤド・マークセン(タイ)が4位タイに並んだ。

 選手会長の池田勇太、川村昌弘、片岡大育の3人が通算4アンダーの7位タイにつけている。現在賞金ランキング1位で2週連続優勝を狙う金庚泰(韓国)は通算1アンダーの15位タイで決勝ラウンドへ進んだ。

 地元名古屋在住の宮里優作は通算1オーバーで、藤田寛之、藤本佳則、今平周吾らと並んで19位タイ。

 ディフェンディングチャンピオンのS・H・キム(韓国)は、2バーディ、5ボギーの75でスコアを3つ落としたものの、通算4オーバーの49位タイで予選通過。ホストプロの上井邦裕は通算8オーバーで予選落ちを喫した。

 マンデー予選会から出場を果たした今野大喜さん(日大1年)は6バーディ、4ボギーの70で回り、通算1オーバーの19位タイでアマチュアで唯一予選を突破。叔父の今野康晴は9オーバーで予選を通過できなかった。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ