アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ

国内男子

重いドライバー投入の石川遼「ねじれないボールが打てる」

ドライバー変更でフェアウエーキープ率も上昇した石川遼 ダイヤモンドカップゴルフ(2015)(1日目) 写真・村上航
ドライバー変更でフェアウエーキープ率も上昇した石川遼 ダイヤモンドカップゴルフ(2015)(1日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 スコット・ストレンジ -6 -6
2T リチャルド・T・リー -4 -4
2T W・J・リー -4 -4
2T 貞方 章男 -4 -4
5T P・ピッタヤラット -3 -3
5T キム・キョンテ -3 -3
5T ジェイソン・クヌートン -3 -3
5T プラヤド・マークセン -3 -3
9T 高橋 竜彦 -2 -2
9T 池田 勇太 -2 -2
アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ(9月24日~27日、茨城県・大利根CC西C、7101ヤード、パー70)

 練習用と想定して作った重いドライバーが奏功した。日本男子ツアーのアジアパシフィック ダイヤモンドカップの第1ラウンドが行われ、2週連続優勝を狙う石川遼が、7バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの69。1アンダーで首位と5打差の15位タイと、まずまずの位置で終えた。

 前週優勝したANAオープンは、4日間のフェアウエーキープ率32.14パーセントとドライバーショットに苦しみ、今週も昨日までは「制御不能」と自嘲気味に話していたが、復調の兆しが見えた。今週、練習用に通常より20グラムほど重い90グラム台のシャフトを入れた<ビッグバーサ アルファ816ダブルダイヤ>を作った。クラブを重くすることで手先に頼らないスイング修正を狙ったが、好感触だったことから、実戦でも投入した。

「振り切れているときはボールがねじれずに非常にいいボールが打てています。いいスイングができているときは飛距離も出ていました。先週よりはフェアウエーにもいっていました」

 この日のフェアウエーキープ率は、57.14パーセントと、制御不能から脱しつつある。クラブの重量を重くすることで、ジャストミートできれば飛距離も出る。「ガンガン攻めるゴルフ」を実行できて、7つのバーディを奪った。

「初日ですし、優勝を狙えるプレーをしたいと思っていたので、まずまずのスタートだったと思います。先週から引き続きいいゴルフができていますし、自分がいいプレーをすれば、伸ばせるという感じではつかんでいます」

 力強い秘密兵器が2週連続優勝の後押しをしそうだ。

文・小高拓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ