フジサンケイクラシック

国内男子

金 庚泰が1打差で逃げ切り、今季3勝目!

ウイニングパットを沈め、今季3勝目を挙げた金 庚泰 フジサンケイクラシック(2015)(最終日) 写真・鈴木祥
ウイニングパットを沈め、今季3勝目を挙げた金 庚泰 フジサンケイクラシック(2015)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・キョンテ +2 -9
2 李 京勲 -3 -8
3 川村 昌弘 -1 -7
4T 岩田 寛 -6 -6
4T 薗田 峻輔 -5 -6
6T 平本 穏 -3 -5
6T マシュー・グリフィン -1 -5
6T ブラッド・ケネディ +2 -5
9T 小池 一平 -1 -4
9T S・K・ホ E -4
フジサンケイクラシック(9月3日~6日、山梨県・富士桜CC、7471ヤード、パー71)

 大会最終日。単独首位でスタートした金 庚泰(韓国)が73とスコアを二つ落としたものの、通算9アンダーで2位に1打差をつけて逃げ切り、今季3勝目を挙げた。李 京勲(韓国)が通算8アンダーの2位。川村昌弘は通算7アンダーの3位に終わった。

 2位に4打差の単独首位でスタートした金 庚泰。1番でボギーが先行し、1バーディ、3ボギーと前半で二つスコアを落とし、後続とは2打差となってバックナインへ。13番ボギー、14番バーディのあと、15番、18番とピンチを迎えたが、パーセーブのウイニングパットを沈めて、2バーディ、4ボギーの73でホールアウト。通算9アンダーとスコアを二つ落としたものの、2位に1打差で逃げ切り、今季3勝目。ツアー通算8勝目を挙げた。

 4位から出た李 京勲が6バーディ、3ボギーの68で回り、通算8アンダーの単独2位。5打差の3位からスタートした川村昌弘は終盤1打差まで追い上げたものの、4バーディ、3ボギーの70、通算7アンダーの3位に終わった。

 ディフェンディングチャンピオンの岩田寛は、13番から5連続バーディを奪うなど、8バーディ、2ボギーの65、通算6アンダーの4位タイで大会連覇を逃したものの、最終日のベストスコアをマークして次週からの米ツアー入れ替え戦に弾みをつけた。

 66で回った薗田峻輔が通算6アンダーで同じく4位タイ。3日目の18番でトリプルボギーをたたいた平本穏が通算5アンダーで、ブラッド・ケネディ、マシュー・グリフィンのオーストラリア勢と並んで6位タイ。

 地元山梨出身の小池一平は通算4アンダーの9位タイ。2週連続優勝を狙った池田勇太は18番でトリプルボギーをたたき、通算1オーバーの26位タイで大会を終えた。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ