フジサンケイクラシック

国内男子

金 庚泰が2位に4打差をつけて今季3勝目に王手! 川村昌弘は5打差3位に後退

2位に4打差をつけて今季3勝目に王手をかけた金 庚泰 フジサンケイクラシック(2015)(3日目) 写真・鈴木祥
2位に4打差をつけて今季3勝目に王手をかけた金 庚泰 フジサンケイクラシック(2015)(3日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・キョンテ -3 -11
2 ブラッド・ケネディ -4 -7
3 川村 昌弘 -1 -6
4 李 京勲 -1 -5
5T S・K・ホ -2 -4
5T マシュー・グリフィン -1 -4
5T 市原 弘大 E -4
8T 小池 一平 -3 -3
8T 李 基相 -2 -3
10T 池田 勇太 -4 -2
フジサンケイクラシック(9月3日~6日、山梨県・富士桜CC、7471ヤード、パー71)

 大会3日目。金 庚泰(韓国)が通算11アンダーで単独首位をキープ、今季3勝目に王手をかけた。通算7アンダーの2位にブラッド・ケネディ(オーストラリア)、川村昌弘は通算6アンダーの3位に後退した。

 2位に3打差の通算8アンダーからスタートした金 庚泰が1イーグル、4バーディ、3ボギーの68で回り、2位に4打差の通算11アンダーで単独首位をキープ。今季3勝目、ツアー通算8勝目に王手をかけた。

 5位タイからスタートしたブラッド・ケネディが、前半5バーディの猛チャージを見せ、5バーディ、1ボギーの67。首位に4打差の通算7アンダーで単独2位につけた。

 3打差の2位から出た川村昌弘は、3バーディ、2ボギーの70とスコアを一つ伸ばすだけにとどまり、通算6アンダーの3位に後退。首位とは5打差に広がったものの、最終日の逆転で2年ぶりのツアー2勝目を目指す。

 通算5アンダーの4位には李 京勲(韓国)。3位タイからスタートした市原弘大は71と伸ばせず、通算4アンダーでマシュー・グリフィン(オーストラリア)、S・K・ホ(韓国)と並んで5位タイに後退。地元山梨県出身の小池一平が通算3アンダーの8位タイにつけている。

 先週優勝した池田勇太が、1番からの4連続バーディでスコアを伸ばし、7バーディ、3ボギーの67をマーク。通算2アンダーで33位タイから10位タイへジャンプアップ。

 ディフェンディングチャンピオンの岩田寛は2バーディ、ノーボギーの69、通算イーブンパーで小田孔明、藤田寛之らと25位タイに並んで3日目を終えた。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ