フジサンケイクラシック

国内男子

「パットはアバウト」で開眼! 川村昌弘が2位に浮上

首位と3打差の2位で決勝ラウンドへ進んだ川村昌弘 フジサンケイクラシック(2015)(2日目) 写真・鈴木祥
首位と3打差の2位で決勝ラウンドへ進んだ川村昌弘 フジサンケイクラシック(2015)(2日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・キョンテ -7 -8
2 川村 昌弘 -4 -5
3T 李 京勲 +3 -4
3T 市原 弘大 -3 -4
5T 平本 穏 -2 -3
5T ブラッド・ケネディ -1 -3
5T マシュー・グリフィン -3 -3
8T S・K・ホ -2 -2
8T 河井 博大 E -2
8T プラヤド・マークセン +1 -2
フジサンケイクラシック(9月3日~6日、山梨県・富士桜CC、7471ヤード、パー71)

 フジサンケイクラシックの第2ラウンドが行われ、1アンダーの13位タイからスタートした川村昌弘が、1イーグル、5バーディ、3ボギーの67、4アンダーで回り、通算5アンダーで首位と3打差の2位へとジャンプアップした。

 アジアンツアーと二足のわらじを履く川村。今季はパッティングが不調で、日本男子ツアーの平均パット数は109位と低迷していた。ところが、先週のRIZAP KBCオーガスタの初日に、入っていたころの「アバウトに。丁寧に構えすぎない」パッティングスタイルを思い出したことで、劇的に入りだしたという。

「今日はティショットが左に曲がるので、ゴロみたいに低い球を打ったりしてよくなかった中で、パットが奇跡的にボコボコ入りました。ボクはショットもふわ~っと構えるタイプなので、パターも同じようにアバウトに構えて、リズムだけを考えて打つようにしたんです。先週の初日に気づいて、その後からずっといいです。そういえば、昔調子がよかったころもこうだったなぁと思い出しました。打った後にすぐ歩き出すのは元々ですけど、結果はどっちでもいいやという感じで打っても入っていますね」(川村)

 言葉どおり、この日は3つのボギーがあるが、すべて1パットのボギー。「グリーンが読みづらい」「見た目は遅そうに見えて下りがすごく速い」と各選手が苦しむ中、川村は予選ラウンドのパット数49とパッティングでスコアメークを果たしている。

 長く難しいコースだが、この日は568ヤードの17番パー5で、2打目のグリーンエッジまで260ヤードを3番ウッドで2オンに成功。3メートルのイーグルパットを沈めるなど、「すごくいい球で、いいショットもあった」と手応えを感じるショットも少なくない。

 首位の金 庚泰(韓国)をつかまえる存在は、神がかりのパットを持つこの男が有力だ。

文・長岡幹朗

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ