フジサンケイクラシック

国内男子

連覇に期待の岩田寛、頭の中はアメリカ一色?

大会連覇で次週からの入れ替え戦に弾みをつけたい岩田寛 フジサンケイクラシック(2015)(事前情報) 写真・鈴木祥
大会連覇で次週からの入れ替え戦に弾みをつけたい岩田寛 フジサンケイクラシック(2015)(事前情報) 写真・鈴木祥
フジサンケイクラシック(9月3日~6日、山梨県・富士桜CC、7471ヤード、パー71)

 明日9月3日に開幕する国内男子ツアーのフジサンケイクラシック。プロアマ大会が行われた2日、岩田寛の大会連覇に注目が集まっている。

 昨年、この大会で待ちに待ったプロ11年目でツアー初優勝を果たした。その後は「ダンロップフェニックス」で2位、世界の強豪が集まった「WGC-HSBCチャンピオンズ」で1打差の3位タイと、昨季はこの大会の優勝を機に飛躍の年になった。今季も「長嶋茂雄Invitationalセガサミーカップ」で早々と2勝目を果たし、現在賞金ランキング2位。石川遼、松山英樹不在の日本男子ツアーを引っ張る存在として、注目と期待を集めるのも当然だ。たが、本人はそっけない。

「(連覇の意識は?)してないですね。何でだろう、今年は今年だから、まあ新たな気持ちであんまり変わらないですね。いつも調子悪いんですよ、ここに来ると。調子悪い中でやって、けっこうトップ10とかに入っているので、自分でもよくわからないんですよね。だって、難しいんですもん」(岩田)

 岩田は来週9月10日から、4試合で争われる入れ替え戦の「ウェブドットコムツアーファイナルズ」に挑む。この4試合を上位で突破して、来季の米ツアー挑戦を視野に入れている。連覇のかかる試合でもそっけない理由は、飄々とした性格だけではなく、心ここにあらずといったところか。

「(今週も大事ですけど、来週からのアメリカ挑戦、今の頭の中は来週のこと?)そうですね」(岩田)

「調子が悪いのになぜか結果がいい」との本人の感触が本当なら、今大会の“無欲さ”が連覇に向けて何よりも力を発揮しそうだ。

文・長岡幹朗

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ