ミュゼプラチナムオープンゴルフトーナメント

国内男子

J・B・パクが2位に2打差で完全優勝に王手! 池田勇太は4打差の4位タイに後退

2位に2打差の通算19アンダーで完全優勝に王手をかけたJ・B・パク ミュゼプラチナムオープンゴルフトーナメント(2015)(3日目) 写真・鈴木祥
2位に2打差の通算19アンダーで完全優勝に王手をかけたJ・B・パク ミュゼプラチナムオープンゴルフトーナメント(2015)(3日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 J・B・パク -6 -19
2 ブラッド・ケネディ -6 -17
3 マイケル・ヘンドリー -7 -16
4T キム・キョンテ -8 -15
4T 池田 勇太 -4 -15
6T 薗田 峻輔 -5 -14
6T 朴 相賢 -5 -14
8 小田 孔明 -8 -13
9T 宋 永漢 -5 -12
9T 貞方 章男 -3 -12
ミュゼプラチナムオープンゴルフトーナメント(7月9日~12日、兵庫県・ジャパンメモリアルGC、7012ヤード、パー71)

 大会3日目。首位タイスタートのJ・B・パク(韓国)が65と6つ伸ばし、通算19アンダーで2位に2打差の単独首位。完全優勝でツアー通算2勝目に王手をかけた。3位タイから出た池田勇太は通算15アンダーの4位タイに後退。同じく3位タイのブラッド・ケネディ(オーストラリア)が通算17アンダーの2位に浮上した。

 初日、2日目と首位を守ったJ・B・パクが前半4バーディを奪って流れに乗ると、後半も2バーディを奪い、ノーボギーのラウンドで65をマーク。通算19アンダーと伸ばし、2位に2打差をつけて単独首位となり、先週果たせなかった完全優勝に再び王手をかけた。

 3位タイから出たブラッド・ケネディが6バーディ、ノーボギーの65をマークして、通算17アンダーの単独2位に浮上。開幕戦を制したマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)が64をマークして、通算16アンダーの単独3位に浮上した。

 首位に2打差の3位タイからスタートした池田勇太は、出だし2番、3番で連続ボギーをたたき、後半5バーディの巻き返しで6バーディ、2ボギーの67。4つスコアを伸ばしたものの、通算15アンダーの4位タイに後退した。

 28位タイの小田孔明が、1イーグル、7バーディ、1ボギーの63とこの日のベストスコアをマークして、通算13アンダーの8位に浮上。初日101位タイと出遅れたものの、2日目65、3日目63の猛チャージで順位を上げ、最終日は6打差からの逆転を目指す。

 2日目に2日目に60をマークして首位タイに浮上した趙 珉珪(韓国)は、4バーディ、5ボギーの71とスコアを一つ落として通算12アンダーの9位タイに後退。単独5位から出た小池一平も69と二つ伸ばしたものの、同じく通算12アンダーの9位タイに順位を落とした。

 6位タイの薗田峻輔は65で回って通算14アンダーで6位タイをキープ。同じく6位タイから出た矢野東は、7バーディを奪ったものの二つのダブルボギーで69に終わり、通算11アンダーの14位タイに後退した。

 また、ホストプロの塚田陽亮は4バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの72で回り、一つスコアを落として通算3アンダーの60位タイに沈んだ。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング