ISPSハンダグローバルカップ

国内男子

異色の経歴を持つ広田悟が首位タイの好発進

5年ぶりのシード復活、10年ぶりの2勝目を目指す広田悟 ISPSハンダグローバルカップ(2015)(1日目) 写真・佐々木啓
5年ぶりのシード復活、10年ぶりの2勝目を目指す広田悟 ISPSハンダグローバルカップ(2015)(1日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 広田 悟 -5 -5
1T キム・ヒョンソン -5 -5
1T キム・キョンテ -5 -5
1T 手嶋 多一 -5 -5
1T 矢野 東 -5 -5
6T トーマス・エイケン -4 -4
6T 河井 博大 -4 -4
6T イアン・ポールター -4 -4
6T 今平 周吾 -4 -4
6T 呉 阿順 -4 -4
ISPSハンダグローバルカップ(6月25日~28日、山梨県・ヴィンテージGC、6774ヤード、パー71)

 メジャーチャンピオン2人を含む世界強豪選手が多数出場するISPSハンダグローバルカップ第1ラウンド。5年ぶりの賞金シード復帰を目指す、異色の経歴を持つ広田悟が5バーディ、ノーボギーの66で回り、首位タイの好発進をみせた。

 コースにはアップダウンがあり、風の方向が変わり縦の距離感が合わせにくいと言われる中で、広田はショットがさえた。

「これまで下半身を使って、無理やりスイングをしていたんです。体を使いすぎずクラブに仕事をさせるようにしたら、いい方向にいきました。ショットの距離感は野生の勘でうまくいきました(笑)」

 パーオン率72.22パーセント(4位タイ)が示すようにバーディを奪ったホールは1メートル2回、3メートル1回、パー5で2オン2パットが2回とショットでチャンスにつけ、大きなピンチを招かなかった。

 広田といえば学生時代はバイクを乗り回し、プロ転向前は建築関係の仕事に従事するなど異色の経歴を持つ。それでも、22歳でプロテストに合格し、腕を磨くと2002年に初シードを獲得し、05年にはマンダムルシードよみうりオープンで初優勝。

 11年までシード選手として活躍したが、ここ数年はシード復活とはいかず、今季もファイナルQT27位で前半戦の出場権を獲得した。

「飛ばし屋が有利にならないこのコースなら、自分も戦えます。ここでやらなきゃどこでやるって感じですよ。それに“よみうり”にも似ていますしね」

 開催コースのヴィンテージGCは、総ヤーデージは6774ヤードと短く、ティショットでドライバーを持てないホールもあり、正確性重視の広田向きのコースでもある。また、初優勝を挙げたコースと雰囲気が似ていることも、気分よくプレーできているという。

 広田は今季5試合に出場してすべて予選落ち。3試合後のダンロップ・スリクソン福島オープン終了時点で出場優先順位のリランキングが行われるため、少しでも賞金を加算して、後半戦出場できる位置まで上げたいところだ。

「前半戦は空回りしていましたが、リランキングも近いので、この試合をきっかけに後半戦につなげていきたいです。チャレンジも出ていますが、本当はこっち(レギュラーツアー)でやりたいです。あと3日間、続けたいですね」

 チャレンジツアーの賞金ランキングで来季の前半戦の出場権獲得も狙えるが、本音はレギュラーツアーでシードを狙っている。5年ぶりの賞金シード復帰に向けて手応えをつかみつつある。

文・小高拓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ