~全英への道~ミズノオープン

国内男子

薗田峻輔、憧れの人と再会するために英国行きを狙う

惜しくも全米オープン出場を逃した薗田峻輔が今大会でリベンジを目指す!  ~全英への道~ミズノオープン(2015)(1日目) 写真・村上航
惜しくも全米オープン出場を逃した薗田峻輔が今大会でリベンジを目指す!  ~全英への道~ミズノオープン(2015)(1日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 マイケル・ヘンドリー -9 -9
2 藤本 佳則 -7 -7
3T 谷口 徹 -6 -6
3T 白潟 英純 -6 -6
3T スティーブン・コンラン -6 -6
3T 宮里 聖志 -6 -6
3T キム・ヒョンソン -6 -6
8 今平 周吾 -5 -5
9T 金 度勲 -4 -4
9T タンヤコン・クロンパ -4 -4
~全英への道~ミズノオープン(5月28日~31日、岡山県・JFE瀬戸内海GC、7415ヤード、パー72)

 今週月曜日(5月25日)に行われた全米オープン予選で、あと一歩のところで本戦の切符を逃した薗田峻輔。上位4人に全英オープンの出場権が与えられるミズノオープンで今度は英国行きを狙う。第1ラウンドは、3バーディ、1ボギーの70で2アンダーの23位タイ発進と、まずまずの位置でスタートした。

 全米オープン予選でもっとも悔しい思いをしたのは薗田だろう。1日36ホールで40名が参加して、全米行きの5枠を争った。薗田は11アンダーでホールアウトし、5人が並ぶ3位タイ。3枠を決めるプレーオフに出場した。1ホール目に藤田寛之、2ホール目にカート・バーンズが勝ち抜け。3ホール目でチャンスを逃した薗田が、最後の1枠をS・H・ぺクに譲ってしまった。

「結果的には悔しかったですけど、36ホールで11アンダーというスコアは自信になります。ゴルフの内容がよかったですし、体力的にもよかったです。今週にその悔しさをぶつけるつもりです」

 月曜日の36ホールの疲れも残さずに、ショットは好調をキープしており、手応えをつかんで、3日間上を見続ける。

 今年の全英オープンは、セントアンドリュースで開催される。2010年の今大会(開催コースは、よみうりCC)でツアー初優勝を遂げた薗田は、5年前に全英オープンの出場権を獲得してセントアンドリュースでプレーしている。

「初メジャーですごく緊張していました。また行けても緊張するでしょうけど、2日間ではなく4日間プレーしてリベンジしたいですよね」

 全英オープンへの思いはそれだけではない。実は、今年5月にクラブ契約を結ぶナイキゴルフがイベントを行い、薗田が憧れるタイガー・ウッズが来日して、薗田と共演した。

「全米オープンの予選会を通ったら、本戦で練習ラウンドを一緒にやってもらおうと話をしていたのです。全米ではダメでしたが、全英ではぜひ実現したいです」

 薗田のゴルフ人生に大きな影響を与えた憧れの人と、メジャーの舞台で再会するためにも、“全米の悔しさ”をこの舞台で晴らす!

文・小高拓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ