関西オープンゴルフ選手権競技

国内男子

片岡大育がツアー初優勝! 山下和宏は3番のOBで脱落

序盤の4連続バーディでツアー初勝利を引き寄せた片岡大育 関西オープンゴルフ選手権競技(2015)(最終日) 写真・鈴木祥
序盤の4連続バーディでツアー初勝利を引き寄せた片岡大育 関西オープンゴルフ選手権競技(2015)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 片岡 大育 -4 -17
2 ブラッド・ケネディ -4 -14
3T 塚田 陽亮 -8 -13
3T W・リー -1 -13
5T 貞方 章男 -7 -12
5T 近藤 智弘 -5 -12
5T ジュビック・パグンサン -5 -12
5T 藤田 寛之 -3 -12
9T 藤本 佳則 -1 -11
9T 武藤 俊憲 -1 -11
関西オープンゴルフ選手権競技(5月21日~24日、滋賀県・名神八日市CC、6900ヤード、パー71)

 大会最終日。1打差の2位タイからスタートした片岡大育が通算17アンダーで逆転し、ツアー初優勝。外国勢開幕4連勝にストップをかけた。単独首位でスタートした山下和宏は通算11アンダーの9位タイ。岩田寛は通算10アンダーの12位タイに終わった。

 首位に1打差の2位タイで最終組からスタートした片岡大育が、2番でバーディが先行すると、4番からの4連続バーディと猛チャージを見せて一気に抜け出し、9番をボギーとしたものの、通算17アンダーの単独首位に立ってハーフターン。後半は一転、パーを重ねて2位とのリードを保ち、最終18番も確実にパーセーブして、5バーディ、1ボギーの67でホールアウト。通算17アンダーで2位に3打差をつけ、ツアー8年目で念願の初優勝を果たした。

 単独首位から初優勝を目指したツアー17年目の山下和宏は、3番パー5でティショットがOBとなり、痛恨のダブルボギーをたたくと序盤で優勝争いから脱落。2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの74、3つスコアを落として通算11アンダーの9位タイ。同じく最終組で2位タイから出た岩田寛も3バーディ、2ボギー、2ダブルボギーの74、通算10アンダーの12位タイに終わった。

 ブラッド・ケネディ(オーストラリア)が1番をイーグルでスタートし、5バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの67で回り、通算14アンダーの2位。塚田陽亮が8バーディ、ノーボギーの63をマークして、通算13アンダーの3位タイ。W・リー(オーストラリア)も同じく3位タイに入った。

 藤田寛之、近藤共弘らが通算12アンダーの5位タイ。ディフェンディングチャンピオンの小田孔明は通算9アンダーの16位タイで大会を終えた。

 また、通算8アンダーの18位タイに入った長谷川祥平さんがローアマに輝き、中部銀次郎杯を獲得した。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ