中日クラウンズ

国内男子

I・J・ジャンが3年ぶりの通算3勝目! 片山晋呉は75と崩れて10位タイ

2位に4打差をつけて今季初優勝を挙げたI・J・ジャン 中日クラウンズ(2015)(最終日) 写真・村上航
2位に4打差をつけて今季初優勝を挙げたI・J・ジャン 中日クラウンズ(2015)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 I・J・ジャン -3 -10
2T 谷原 秀人 -2 -6
2T 山下 和宏 -1 -6
2T 近藤 智弘 -1 -6
5T カート・バーンズ -4 -5
5T 手嶋 多一 E -5
7 呉 阿順 E -4
8T 小平 智 E -3
8T 竹谷 佳孝 +1 -3
10T 稲森 佑貴 -2 -2
中日クラウンズ(4月30日~5月3日、愛知県・名古屋GC和合C、6545ヤード、パー70)

 大会最終日。67で回ったI・J・ジャン(韓国)が通算10アンダーでツアー通算3勝目を挙げた。ジャンと並んで首位タイでスタートした片山晋呉は75と崩れ、通算2アンダーの10位タイに終わった。

 7アンダーの首位タイでスタートしたI・J・ジャンは、4番、5番の連続バーディで前半二つ伸ばしてサンデーバックナインを迎え、10番でバーディを奪い、13番で一つ落としたものの最終18番をバーディで締めくくり、4バーディ、1ボギーの67でホールアウト。通算10アンダーで2位に4打差をつけて今季初優勝。今大会は2012年に次ぐ2勝目で、3年ぶりのツアー通算3勝目を挙げた。

 同じく首位タイの片山晋呉は序盤からボギーが続き、前半を1アンダー、4ボギーで3つ落とすと、後半に入っても悪い流れを絶ちきれず11番、17番と2ボギー。1バーディ、6ボギーの75と崩れ、通算2アンダーの10位タイに終わった。

 7位タイからスタートした谷原秀人が4バーディ、2ボギーの68をマークして、通算6アンダーの2位タイ。2打差を追った近藤共弘と山下和宏はともに69で回り、同じく通算6アンダーの2位タイに並んだ。

 中嶋常幸が4バーディ、1ボギーの67をマークして3つ伸ばし、通算イーブンパーの21位タイ。藤田寛之も同じく21位タイで大会を終えた。

 また、昨年の賞金王・小田孔明は71と伸ばせず、通算6オーバーの51位タイに終わった。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング